& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

たかがツマミ、されどツマミ

「たかされシリーズ」第2段! インテリアデザインを頼まれたクライアントから追加で貴重品入れ兼ジュエリーBOXを兼ねたチェストの注文をいただきました。 デザインを気に入っていただき、現在、製作中。 収納棚の一番上は日常使いでガラスのフタと引出しで開…

たかが布巾、されど布巾!

プレゼントの達人の友だちからもらったプレゼント! 初めては「ポーチ?」「ハンカチ?」なんて思ってひろげたら、なんと布巾じゃありませんか! しかもあの「白雪ふきん」。 色落ちしないように色止めまでしてある。 懐かしのビクター犬「ニッパーちゃん」 …

「ブルガリホテル ミラノ」2018夏の思い出

最近、インテリアのこと書いてないなあ! とはいえ、いつもながら、いろいろな縛りで仕事のことをあまりブログに書けないので、この夏行ったミラノのブルガリホテルのことをチラリとご紹介します。 実は2年くらい前にこのブログで紹介しているミラノのブルガ…

「微熱山丘(サニーヒルズ)南青山店」 再訪の巻

南青山の華やかな通りを横に入って行くと、突然見える不思議な建物。 それがあの有名な「微熱山丘(サニーヒルズ)南青山店」です。 1)建築家 隈健吾さん設計のドキッとする外観が印象的 今から約5年前にオープンしたこのお店は、台湾のパイナップルケーキ…

「サップヨガをやってみたよ!」の巻

ちょい前ですが、生まれて初めてサップを体験してきました。 しかも、いきなりのサップヨガ! ⑴ きっかけは友だちのfacebook 最近、アウトドアのアクティビティにとんとご無沙汰のわたしですが、たまたま友だちがfacebookで紹介していたサップヨガの写真にビ…

その生活にこそアートがあることを教えてくれる古民家再生に出会ったの巻

「大地の芸術祭」の素晴らしいところは、決して一部の人が鑑賞するだけのアートではなく、実際にそこで暮らす人に、そこでの生活の美しさを再認識させているところ。 そんな風に思ったのが、一人のドイツ人の手によってその美しさが蘇った古民家の数々でした…

廃校利用でリノベのヒントを拝借!

2014年に廃校になった「奴奈川(ぬながわ)小学校」。 コンクリートで廃校のイメージとは程遠い建物ですが、人口減による学校の統合によって廃校になってしまった小学校です。 この元小学校が公式ツアーでの昼食レストランになっていました。 玄関を入ると・…

「大地の芸術祭 2108」~【かたくりの宿】宿泊体験は時空を超えたアートだった

今回紹介する廃校を利用してできた「かたくりの宿」 ここでの宿泊体験はある意味、「何も無いって何?」「不便って何?」「見落としているものは何?」「時の流れって何?」といった疑問を自分自身に投げかけてくれました。 そして、大げさでもなんでもなく…

「大地の芸術祭 妻有トリエンナーレ2018」過疎地の廃屋が蘇るの巻

「大地の芸術祭 妻有トリエンナーレ2018」で印象的だったことが、もう1つ! この芸術祭が行われている一体は全国屈指の豪雪地帯で、新潟でも過疎化がどんどん進んでいるところ。 そんな過疎地にある廃屋を使ってのまさかのアート作品が数多く見られました。 ま…

「大地の芸術祭 妻有トリエンナーレ2018」は宝の山だったの巻

3年に1度新潟の越後妻有で開催されている「大地の芸術祭 妻有トリンナーレ」。 なかなか行く機会がなくて、今年こそは今年こそはと思ってましたが、ついに今年決行しましまた。 感想…自然は自然のままで見ることで十分と思っていたけど、その自然をアートに昇…

OK! アレクサ!

iPhoneのSiriに向かって、ちょっと意地悪な問いかけをした。 「オッケー! アレクサ!」 返ってきた答えにおったまげた(@_@) Siriの方が完全に一枚上手で大人だった。 「Hey! Siri! ごめんね!」 そのあと他の人に聞いたら同じ問いかけなのに、答えのバリエ…

漆、再発見!

漆に魅せられて自ら「ウルシスト」を名乗る加藤千晶さんと知り合いになって、私もすっかり漆の魅力に目覚めました。 その加藤さんが取り扱っていた八角盡(現在は残念ながら売り切れです)の本当に美しいこと! 色、形、手触り…どれをとってもうっとりとなって、…

史上最強ミニマムなホテル in Milano

久しぶりに紹介するホテルはミラノの中心地にあるゲストハウスのような小さなホテル「my bed」です。 ここはミラノでも本当に便利な場所にあり、立地としては最高のホテルです。 東京でいうと、青山と銀座に徒歩1分といったところでしょうか? さすがにこん…

ドラム式洗濯機の分解洗浄サービスを依頼したの巻

洗濯機洗浄を頼んだことありますか? 洗濯機つながりで今日も洗濯機の話です。 今の日立のドラム式洗濯機にして早5年!(多分) 基盤がおかしくなって1~2回修理を頼んだことありますが、酷使している割にはいい仕事してくれてます。 満足しているのですが…

進化系コインランドリーに驚いたの巻き

久しぶりのコインランドリーに驚いた! 実家の近くにコインランドリーがオープン! チラリと中をのぞいてビックリ‼️ 「何だ!このオサレな空間は! ということで、コレは行かねばと、実家のシーツと着替えのホワイトジーンズをかかえて行ってみた。 思った通…

久しぶりのイケア~ナイスな保存容器と電動昇降デスク

半年ぶりのイケア。 「ZARA」や「H&M」もそうだけど、ちょっと間をおくと、見慣れない商品が並んでいるので、とても新鮮! 今回のイケアも「ほ~~~そう来たか!」と思わせる商品がいくつかあったので、その中でも私が思わず買ってしまったものと、迷ってい…

そしてオリジナルビールが完成しました!

今回は頭から飛ばします。 1)まだまだ続く糖化の作業 温度を上げて、また続ける・・・・ その後、温度を65~67℃に保って、フタを閉めてやっと休憩。 ここでできた麦芽糖がアルコールに変わるとなると、頑張っちゃうよね! 少しおいて、ヨウ素でスト。昔、…

ついにビールを作り始めたよの巻

なかなか進まないと思っているみなさん! お待たせしました。 今日こそは、身体を動かしてのビール作りです。 1)まずは麦芽の計量と粉砕 自分たちオリジナルビールのレシピにそって、木内酒造のスタッフが麦芽の量をだしてくれました。 麦芽は種類別にバケ…

いよいよオリジナルビール作り、スタート!

お待たせしました! ようやくビール作りが始まります。 こちらが醸造所! ずらりと並んだミニタンクにワクワクします。 とはいえ、すぐにスタートとはいきません。 1)まずは「どんなビールを作りたい?」 そうです。 まずは、自分たちがどんなビールを作り…

自分のオリジナルビールを作ったよ~まずは腹ごしらえの巻

昨日、紹介した自分だけのオリジナルビール。 正直自分でもあんなに美味しいビールに仕上げっているなんて思いませんでした。 それくらい美味しかった!!! ということで、本日から3回に分けてその時の様子を報告します。 1) 茨城県那珂市の木内酒造 私た…

自分の作ったビールを飲む贅沢

先月、ビールを作りに行ったださ! そのビールが届いて、やっと今日 開栓(•ㅂ•)و!!! それがこちら! 青いラベルがアンバー、赤いラベルかペール。 今日はアンバーをいただくことに… お、お、美味しい! 今日はここまで… 明日ゆっくり、ビール作りの様子を…

「櫻井培茶研究所」で日本茶に目覚めるの巻

日本茶好きですか? 正直わたしはあまり好きではなく、もっぱらコーヒー党でした。(過去形) コーヒーはどの豆が好きだとか、どこの焙煎が美味しいとか、入れ方は・・・等々こだわりがあるのですが、日本茶の良さはいま一つわからず今日まできてしまいまし…

ミラノの街角

お洒落な街ミラノは大都会だけど、そこに暮らす人の歴史を感じる街です。 今日は、普通雑誌に載らない緑のミラノの街角を…

今年もマルセル ワンダースが魅せてくれました。「moooi」~「ミラノサローネ2018」~

「ミラノサローネ」の話に戻って、今日は「moooi(モーイ)」の展示を紹介します。 ここ数年の「moooi(モーイ)」の勢いは目を見張るものがあり、毎年ここミラノで驚かされます。 ちなみにこちらが昨年の記事 「moooi(モーイ)」の展示の大きな特徴は、毎…

海外に持って行って本当に良かった延長コード

【閑話休題】 ミラノサローネの話はまだまだ続きますが、ここらで一休み。 スマホの出現以降、海外に持って行くもののガジェット系必需品が増えた、増えた! iphone、ipad、ガラ携、充電器3つ、wifi2台、デジカメ、ノート型PC・・・ アパートに帰ったらまず…

【スワロフスキー】クリスタルの新しい可能性~「ミラノサローネ2018」~

今回、6人の世界的デザイナーとコラボしてホームコレクションを発表した世界的クリスタルメーカー「スワロフスキー」は、歴史的な建物であるセルベッローニ宮の中庭の特設会場でクリスタルを使ったホームユースの小物や照明を発表しました。 その展示会場の…

【エルメス】 レンブラントの絵画のような空間演出~「ミラノサローネ2018」~

ハイブランド編 第三弾は「エルメス」の登場です。 昨年と同じ会場を使ったヴィトンと異なり、エルメスは今年会場を変えての展示でした。 ただ、明るい印象だった昨年とは対照的に、まるでレンブラントの絵画をみるような素晴らしい光の演出が印象的で、鳥肌…

【ルイ ヴィトン】 闇に浮かび上がる革の世界~「ミラノサローネ2018」~

さて、今回は「ルイ・ヴィトン」のインテリア&トラベルコレクション「OBJETS NOMADES」の紹介です。 ヴィトンは昨年と同じ「Palazzo Bocconi邸」で開催しました。 どれくらい去年と違うんだろう? 正直あまり期待せずに行ったところ、さすがのヴィトン。 当…

【ブルガリ】の新しい世界に脱帽~「ミラノサローネ2018」~

3回連続でハイブランドのインスタレーションの紹介。 トップバッターは【ブルガリ】 わたしの知る限りでは、ミラノサローネでの【ブルガリ】の展示は初めて(?) (違ってたら、ごめんなさい。) 【ブルガリ】と聞くと、技巧を凝らしたジュエリーデザインの…

「ミラノサローネ2018」~会場編 唯一無二の世界を展開した【DIESEL】

前述の通りもの凄い数のブースを駆け巡るので、どれがどれか正直わからなくなることも多い中、断トツのコンセプト力を放っていたのが、あの【DIESEL】でした。 ただただ「カッコいい!」のオンパレード。 ファブリックが印象的な入口のソファ。 バーっぽいラ…