読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ホテル(国内)

ブライトンホテル京都~若いスタッフのサービスに感謝

今日は、「ブライトンホテル京都」の若いスタッフの一所懸命なサービスに、ホテルサービスを改めて見直したというお話です。 ブライトンホテル京都~若いスタッフのサービスに感謝 「ブライトンホテル京都」十年ほど前に宿泊したことがありましたが、取り立…

渋いぜ!馬喰横山のゲストハウス「IRORI」

以前このブログでもゲストハウスのことを紹介しましたが、今このような新しいコンセプトやテイストを持ったゲストハウスが本当に増えてきました。 自由な発想のホステル「Nui.」 in 蔵前は実に多国籍 - & BONO インテリアデザイン、あれやこれや しかも、海…

アマン東京〜アマンの中の日本

「アマン東京」をデザインしたのはアマンの専属デザイナーであるケリー・ヒルさん。 先の2回で紹介したように「アマン東京」のインテリアの随所に、日本人ではない彼の目から見た「日本」の美が織り込まれ、逆に新鮮な印象を私たち日本人に与えてくれます。 …

アマン東京 客室編〜神社のようなインテリアが新鮮

いきなり度肝をぬかれた「アマン東京」のロビー。「さてさて客室は?」というわけで、紹介しましょう!各部屋毎にさりげなくひっそりと活けられた草花を愛でながら長い廊下を進んで部屋に到着。扉を開けるとまるで玄関のようにタタキがあり、その先にスリッ…

アマン東京 写真より本物の方が何倍も素敵だったホテル

ホテルシリーズ国内編。 今回は、先日訪れた「アマン東京」のダイナミックな奥深さを紹介しましょう。 アマン東京 写真より本物の方が何倍も素敵だったホテル つい先日「星のや東京」もオープンして、ますます活気づく大手町エリア。 「アマン東京」はそれよ…

リッツカールトン京都 わたしにとっては勉強代、でも一般客だったら?~ リッツカールトン京都 その3

桜の季節の「リッツカールトン京都」1泊18万也! 満足価格だった? リッツカールトン京都 わたしにとっては勉強代、でも一般客だったら満足しかな?~ リッツカールトン京都 その3 今日はわたしの滞在の結論を書きたいと思いますが、その前に前回に引き続き…

リッツカールトン京都 肝心のお部屋は居心地よかった? ~ リッツカールトン京都 その2

昨日に続いて「リッツカールトン京都」滞在レポ。 今日は肝心のお部屋は果たして納得の18万円だったかな? その様子を紹介します。 リッツカールトン京都 肝心のお部屋は居心地よかった? ~ リッツカールトン京都 その2 「リッツカールトン京都」の場合、鴨…

リッツカールトン京都 1泊10万円越えの価値はあった? ~ リッツカールトン京都 その1

リッツカールトン京都 10万円越えの価値はあった? 「リッツカールトン京都」に宿泊してきました。 季節的なこともあって1泊約18万円(税サービス料込)。 果たしてそれなりの価値はあったのでしょうか? そもそもなぜ「リッツカールトン京都」? 実は「リッ…

パークハイアット東京 ヘルシーに朝食を・・・

毎度毎度しつこいくらい書いているパークハイアット東京の記事。 このブログで「ジランドール」でのブッフェスタイルの朝食と和定食の朝食を紹介しましたが、今回紹介するのはこちら! ジャン! 「ヘルシーバランスブレックファースト in My Room」。 これが…

蔵前の人気ゲストハウス「Nui」 宿泊体験レポ

ブログを休んでいた間、仕事ばかりかというと「オッとドッコイ!」 わずかな隙間時間でこの有り余る好奇心を満足させていました。 その一つが、ゲストハウス宿泊体験。 ここ東京での注目度No1の蔵前。両国に国技館が移転するまでは「相撲の街」、さらにそれ…

パークハイアット東京 オブジェの遊び心が憎い

一つのホテルなのに5回にわたって既に記事を書いてしまった「パークハイアット東京」。実はもう一つ書きたかったけど、写真がなくて書けなかったことがあります。それはエントランスホールのオブジェのこと。 そこで年の瀬のあわただしい中、仕事でパークタ…

「パークハイアット東京」 最後に私が愛してやまない本当の理由

このシリーズも今日で5回め。ここまで書いて、このシリーズの最後に、なぜ「パークハイアット東京」に何度もリピートして訪れるの? インテリアが素敵だから?天空のプールでリラックスできるから?食事が美味しいから? いえ、いえ、それだけではないわた…

「パークハイアット東京」 高いには訳があるホテルの食の楽しみ

今回は宿泊以外のお楽しみ。その2! ホテルで楽しむ「食」 「パークハイアット東京」には3つの大きなレストランと1つのラウンジ、2か所のバーそしてデリカテッセンがあります。 まずは先日写真をアップした「ジランドール」 カジュアルフレンチ料理のレストラ…

「パークハイアット東京」 天空のプールが待ってます

「好きだと筆が止まらない!」とはよく言った。 一つのホテルで3回連続で書くことないと思っていたけど、ここはあるんだなぁ・・・ 3回目は宿泊したら絶対行ってほしい「クラブオンザパーク」フロア。 ここはスパとフィットネス施設があり、スパは有料。でも…

わたしのホテル「パークハアット東京」 普通さがただならぬ客室のインテリア

前回に引き続きわたしのホテル「パークハイアット東京」について・・・ 今回は客室についてお話します。 アートが飾られた客室内通路を入って中に進むと・・・ こちらは今回宿泊したお部屋。壁は廊下とやや異なりベージュですが、カーペットが綺麗なグリーン…

わたしのホテル「パークハアット東京」 20年の月日を感じさせない底力

なんでもないようなこの枯葉。これが見事にアートとしてさりげなく且つ品よく客室に飾られているホテル。これが「パークハイアット東京」の素晴らしさを物語っています。 そう、何をかくそうここ「パークハイアット東京」は私が東京で、いえもしかしたら世界…

東京ステーションホテル 古き良きを越え、見事な変身をとげたホテル

東京駅に直結した歴史あるホテル「東京ステーションホテル」が、東京駅丸の内駅舎の改装と同時にリノベーション開業して今月でまる1年。(思いっきり訂正。まる3年でした。どんな勘違いです。ごめんなさい。) 古いホテルをリノベーションして新しくオープ…

旅館の底力 石川県能登にある「百楽荘」がよかった話

「ホテルもいいけど、旅館もいい!」と思っていたけど、しみじみ「旅館はいい!」と改めて思わせてくれたお宿。そんな旅館を紹介します。 北陸新幹線が開通して本当に便利に なった金沢。その金沢から車で約2時間走った能登半島の右側。フックの曲がった根本…

「軽井沢万平ホテル」 古き良き日本のクラシックスタイルが残るホテル

「軽井沢」言わずと知れた日本で一番有名な別荘地。 明治時代カナダの宣教師ショー氏が避暑地としてここに別荘を建てたのが始まりといわれています。 そして少しずつ増えてきた外人客を迎えるべくホテルとオープンしたのがその始まりといわれているのが、今…

インテリアコーディネーターお目で見るホテルのインテリアその2【アンダーズ東京】 水回り編

前回に続き「アンダーズ東京」のインテリアの話をと意気込んで、さあ書こうと思ったら、 あ、あ、あ、写真が… こちらに宿泊したのは、オープンした直後、1年ほど前の話。 その時はまだブログなるなものを初めていなかった!つまり・・・写真がない! もちろ…

インテリアコーディネーターの目でみるホテルのインテリア その1 【アンダーズ東京】

今回はホテルのインテリアについてのお話です。 インテリアコーディネーターがディープな視線でホテルのお部屋を案内するシリーズ。 第一弾はこちら・・・ 東京タワーが下から上まで綺麗に見える最高の眺めをもつこのホテル。 今日は、昨年オープンした「虎…