読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ロンドンミュージカルを堪能するの巻 その1

何だか盛りだくさんでロンドンのことを書いていますが、実際は滞在時間の半分はホテルの部屋にこもって、PC睨みながら仕事をしていました。 受注しているモデルハウスやモデルルームの仕事がわたしが海外にいても現場は動いているので、ある程度は仕上げて出…

ナショナルポートレートギャラリーが想像以上に面白かったの巻

ロンドンの美術館・博物館は入場料が無料なのだ! ロンドンは何度も訪れていて、行くたびに美術館や博物館に行きます。 そこで驚くこと。 何が凄いって、ほとんどの美術館・博物館の入場料は無料なのです。 (一部企画展は除く) あの大英博物館もビクトリア…

ロンドンのホテル パブリックスペースのインテリアに唸るの巻

ロンドンの記事が続きます。 前に書いたこちらの記事。 この記事にもあるようにロンドンのインテリアの大きな特徴の一つにファブリックの選び方はアバンギャルド、でも家具のスタイルはトラディショナルといったアンバランスな組み合わせによるデザインの面…

コンランショップ in ロンドン 本家のショップは風が気持ちいいぞ!

日本でもおなじみの「コンランショップ」ですが、その本家はロンドンにあります。 一つはチェルシーに、もう一つがマリルボーン。 今回はその中でも、まだ行っていなかったマリルボーンのお店に行ってきました。 (写真はコンランショップ ロンドンHPより) …

ロンドンのリバティは最先端のファッションが歴史的建物に映える

ロンドンデパートシリーズ第二弾~愛しのリバティ。 昨日挙げたロンドンの4大デパートの一つ「リバティ」。ここは日本では「リバティプリント」で有名ですが、実はれっきとした歴史ある高級デパートです。 創業は1875年。日本や東洋の装飾品、織物、その他様…

ブルックリンスタイルはロンドンのデパートでも大人気

前回に引き続き、ロンドンのデパートの話をしましょう。 ロンドンでデパートというとまず出てくるのが、「ハロッズ」「リバティ」、そして「セルフィッジ」「ハーベイニコルズ」の4つですが、わたしが大好きなデパートは「ジョン・ルイス」です。 日本では…

ロンドンのデパートのインテリア生地売り場は凄いぞ!

昨日、イギリスのファブリックに唸った話を書きましたが、今日はロンドンのデパートの話をしましょう。 私をはじめ多くのデザイナーが使うイギリスのファブリックメーカーに「オズボーン&リトル」と「ハーレクウィーン」「ウィルアム・モリス」「デザイナー…

ファブリックの使い方が秀逸のロンドンインテリア

ヘルシンキの記事を書いていたら、あっという間にロンドンに戻ることになり、それどころかあっという間に日本に帰国になってしまいました。 振り返ってみるとロンドンのことをあまり書いていなかったので、インテリアのこと、もちろんそれ以外のことを含め、…