読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

IKEAの楽しみ方

f:id:bibimaru:20150513011017j:plain

 

日本でもすかっり名前を知られた世界的家具メーカー「IKEA」

 

 

ちょっと洒落てて、デザイン性もそこそこ、その上安いとなると人気が出ない訳は ない!

 

でも、知っていましたか?30年以上も前、IKEAが日本にあったことを・・・

船橋のららぽーとに1号店があり、まだ可愛かった頃の新婚の私がわざわざ     パイン材のあか抜けない棚を買いに出かけたことは遠い昔のこと…シミジミ…

 

その後、一度日本撤退となりましたが、再び日本に上陸して今やレジャーランド並みの賑わいを見せているのは、ご周知のところ。

 

おっと!わたしが今日紹介したかったのは、日本でのIKEAの歴史ではなく、

バーチャルIKEAの素晴らしいさ!!!

 

 

一歩先行くIKEA活用法!!!

 

 

 

その前に、今、いろいろな分野でその使い方が取りざたされている「AR」。

ITに詳しい人にとっては常識の「AR」は

「Augmented Reality」の略で日本語では「拡張現実」と訳されるらしい。

(詳しくはwebで・・・)

 

そのAR技術はインテリアやデザイン業界でも活用されているが、最近増えてきているのが、ARを使って仮想家具を現実の部屋に置いてみるサービス。

 

そして、その第一人者が「IKEA」。なんと2012年からこのサービスを行っているの

です。

 

 

長い前置きはこれくらい。

説明しても分かりにくいので、さっさと具体例を紹介しましょう!

 

使い方は簡単。「IKEA」カタログのアプリをiphoneにインストールして、その中のカメラ機能で部屋を覗き、検討中の家具を選んで部屋にかざすとあら不思議!

そこにバーチャルの家具が現れるって訳。

 

 

あらっ!? 一人掛けの新しいラウンジチェアをお探しのムラカミ君。

ちょっと気になるチェアをカタログで見つけて早速お部屋へiphoneをかざして

置いてみると・・・

 

 

f:id:bibimaru:20150513012941j:plain

「あら~!何だか大きすぎる!」

 

 

 

次は目に留まったグリーンの椅子。別にほしくはないけど置いてみる。

f:id:bibimaru:20150513013103j:plain

「やっぱり小さすぎるし、部屋の雰囲気にあわないわ~」

 

 

 

オッ!これ、良さそう!

f:id:bibimaru:20150513011017j:plain

「これこれ!ピッタリ!」

 

 

 

何てことができるちゃう!

 

と、いうことは、ベッドやソファなど大きい商品を選ぶとき便利!

・・・と、「IKEA」は言いますが、わたしは部屋の着せ替えごっこをして遊ぶのにも使えってほしい!

 

家具は服のように、「アッ!似合わなかった!」っていっても簡単に替えられないし、大体か買い慣れていなから無難な家具を買ってしまいがち。特に日本人。

 

 

これなら昨日のような雨風の日でも模様替えごっこができるから、ちょっと楽しいよ。

 

そうするうちに、自分の好みが見えてきて、いざ家具を買う時の参考にできる。

 

慣れないうちはサイズを合わすのが難しいけど、カタログのサイズを見ながら合わせたりもできるので、一度遊んでみて!

 

 

最後に遊んでばかりもなんなので、実際の大きさでためしてガッテン!

 

20年前のイケアの折り畳みテーブルと自慢のスケボーチェアを並べて、

なかなか自己主張の激しいデスクチェアを並べて見た結果・・・

 

f:id:bibimaru:20150513021223j:plain

 

 

 

"ぎゃ~っ!カーテン洗わなきゃ!"

 

 

「IKEAカタログアプリ」

IKEAカタログ

IKEAカタログ

  • Inter IKEA Systems B.V.
  • ライフスタイル
  • 無料

itunes.apple.com