& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ペイントの魅力

 

f:id:bibimaru:20150521000344j:plain

ペイントしたことありますか?

 

わたしは子供のころからペイントが好きで、初めてのペインティングは小学校3年生。

勝手にペンキを買ってきて、2段ベッドを白く塗り、ひどく怒られた記憶があります。

 

 

 

インテリアの仕事して思ったことは、漆などの工芸品は別にして、日本の住宅にはペイントの文化がまだまだ根付いていないこと。

左官屋さんが行う漆喰や聚楽とはまた異なる塗装文化。

 

 

ペイントの本当の楽しみを知れば、インテリアの幅はもっともっと広がるはず・・・

 

 

ペイントの面白さは何と言ってもその色にあります。

例えば同じ白でもクリーム色寄りなのがグレー寄りかで全く違う色になります。

 

ペイントというとビビッドな色をすぐに思い浮かべがちですが、実はこんなに繊細な色がずらり・・・

 

f:id:bibimaru:20150522115220j:plain

f:id:bibimaru:20150521002730j:plain 

f:id:bibimaru:20150522123926j:plain 「Farrow&Ball」HPより

これなら抵抗なく塗ってみたくなります。

 

 

 

 もちろん、思い切った色使いで部屋のイメージを変えることもできます。

f:id:bibimaru:20150522115733j:plain

f:id:bibimaru:20150522130421j:plain

「Farrow&Ball」HPより

 

最初は一面のみ変えると取り入れやすいかもしれません。

 

 

 

上記で紹介したのはイギリスの「Farrow&Ball」社のペイントです。

 

f:id:bibimaru:20150522130727j:plain

f:id:bibimaru:20150522120649j:plain

「Farrow&Ball」のショールーム写真

ペイントとは思えない雰囲気ですね。

 

 

この「Farrow&Ball」は日本では「(株)カラーワークス」が取り扱っています。

 

「カラーワークス」では初心者でも参加できるレッスンや道具の紹介もしており、初心者にもやさしい会社です。

 

DIYの一つにペイントを取り入れてインテリアの幅を広げてみませんか?

 

「Farrow&Ball」  http://www.farrow-ball.com/

 「株式会社 カラーワークス」 COLORWORKS