読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「モデルハウス  第2弾」 アーバンリゾートスタイルのリラックスしたインテリアはいかがですか?

モデルルーム

 

f:id:bibimaru:20150810004326j:plain

 

昨日に引き続き先週納品したモデルハウス2棟目。

 

昨日の隣のおうちです。

こちらはイメージがガラッと変わって「アーバンリゾートスタイル」

 

 

この部屋のポイントは・・・

1)背のデザインが印象的なダイニングチェア

f:id:bibimaru:20150809214428j:plain

カフェに置いてあるようなこの椅子は「アイデック」という家具メーカーの「Viennaシリーズ」の商品。「Vienna」とはウィーンのことで、19世紀ヨーロッパの中心として活気があったころのウィーンの街をイメージしてデザインされたシリーズです。

 

曲線がとても綺麗に仕上げられているだけでなく、見た目以上に座りやすい椅子です。

 

アイデック

VIENNA | AIDEC

 

床やテーブルの木の色よりちょっと濃い木の色がポイント。

 

 

 

 

2)キッチンカウンターの上のペンダント

 

この間取りのLDKは住む人の家族構成や好みでダイニングテーブルの位置が変わるのでテーブルの上はあえてダウンライトにしてあります。

 

f:id:bibimaru:20150809220452j:plain

 

その代りキッチンカウンター(シンクの上)にペンダントライトを3灯つけました。

ガラスの筒の先端だけ本物の木がデザインされたペンダントは、視界を遮らない機能性ももっています。

 

またキッチンの壁は300角のタイルが貼られ、シンプルながら高級感ある仕上がりになっています。

 

 

3)マスタード色のスツール

f:id:bibimaru:20150809222841j:plain

 

 この家のアクセントカラーはマスタード色。

クッションにも使っていますが、スツールにそのポイントカラーを使っています。

 

 

 

まとめ

フローリングや扉の色との調和を考えて家具を選びますが、全て同じ木の色だともっさりしてしまうことも・・・この部屋ではダイニングチェアの色を濃い目にすることで、全体にしまりがでています。

また家具のなかでもスツールにならアクセントカラーを取り入れやすいので、お薦めします。