& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

スティック型デフューザーで部屋の香りを楽しんでみませんか?

わたしたちがモデルルームを設営する時、最後にお部屋に置くもの。

それがお部屋のフレグランス「スティック型デフューザー」です。

 

「そういえばお店で見たことある!」っていう方も多いのでは?

その中でも、ダントツ!必ずモデルルームで使っているのが【リナーリ】のデフューザー。

f:id:bibimaru:20150918220352j:plain

 

 

デフューザーとは香りを拡散するための器具の総称。

例えば、認知度が一番高いのはアロマ精油を温めて使うタイプのもの。

そして、このようなスティック型のデフューザーはもっと使ってほしいルームフレグランスの一つです。

 

このデフューザーがいい点は、手軽なこと。

温める必要がなく、木のスティックから自然に香りが発散されていくので、ほのかな香りが続きます。

 

 その中でも、お薦めがこの【リナーリ社】デフューザーのシリーズ。

 

この商品を紹介するにあたって改めて調べたら、なんと26種類も香りありました。

大きな特徴はその豊かな香り。

天然の香りのミックスで独自の香りを調合した香りは人間に使うフレグランスと同じ。

時間がたつにつれ香りが少しずつ変化する段階がきちんと計算されている点も同じです。

 

 

ここでミニ情報。

一般的に香りは3段階の楽しみがあると言われています。

「トップノート」・・・最初ににおい立ち、はかなく消える香り
「ミドルノート」・・・トップノートの次ににおい立つ香り
「ベースノート」・・・時間がたってほのかににおい、長続きする香り

 

f:id:bibimaru:20150918222646j:plain

例えば、写真の香りの名前は「エスタータ」

HPによると次のようなコメントが・・・

 

一途なまでの調和-

そよ風に乗って届くのは、陽射しをいっぱいに浴びた瑞々しいレモンとグリーンリーフ。爽やかな初夏の香りをアンバーとムスクがセンシュアルに束ね、心地よい余韻を残します。

トップノート:ベルガモット、レモン、グリーンリーフ

ハートノート:ジャスミン、スズラン、ローズウッド

ベースノート:シダーウッド、アンバー、ムスク

 

と、文字にしてもなかなか伝わらないのが、香りの辛いところ。

これは試していただくしかない!

 

正直かなり高いけれど、8か月ほどは使えるので他社の商品と比べると、結果的に同じくらい。

ただし、付属の木のスティックは全部ささないこと。4~5本くらいが最適です。

全部いっぺんにさすと、あっという間になくなるので、気をつけてくださいね。

 

 LINARI | リナーリ ジャパン