読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

旅館の底力 石川県能登にある「百楽荘」がよかった話

ホテル(国内)

「ホテルもいいけど、旅館もいい!」と思っていたけど、しみじみ「旅館はいい!」と改めて思わせてくれたお宿。そんな旅館を紹介します。

 
北陸新幹線が開通して本当に便利に
なった金沢。その金沢から車で約2時間走った能登半島の右側。フックの曲がった根本のような箇所に今回紹介する「百楽荘」はあります。
 
f:id:bibimaru:20151019195322j:image
 
一見平屋風。でも実は九十九湾(つくもわん)を望む絶壁に建っていて、地下にも伸びている面白い造りの旅館です。
 
そして何が凄いって、その地形を生かした自然との一体感。
もちろん海外のホテルでも自然環境を生かしたホテルはあります。
でも、日本旅館ならではの心遣いが格別にわたしたち日本人の心をひきつけてやみません。
「何が違う?」
 
それは、ずばり風呂に対する考え方の違いです。
それこそが旅館にあってホテルにない日本の宿の自慢すべきところではないでしょうか?
 
と、いうわけで今回はいきなりお風呂を紹介します。
じゃ〜〜ん!
これが、部屋についていたお風呂。
f:id:bibimaru:20151019200058j:image
 
窓の外に九十九湾。窓を全面オープンにすることができ、建って窓を開けると露天風呂の解放感を味わえます。
「日本人でよかった!」まさにそう思わせてくれるお風呂です。
 
そして、同じく湾を望むバルコニーはハンモック付き。
 
f:id:bibimaru:20151019201122j:image
 
こちらは朝、バルコニーから見た九十九湾。
美しい!
f:id:bibimaru:20151019201158j:image
 
それから特筆すべきは、ここの地下のレストランまでの廊下は洞窟になっている点。
この写真の奥がレストランの入り口。
f:id:bibimaru:20151019201428j:image
 
このレストランは湾に張り出していて、部屋の窓の下は本物の海。
f:id:bibimaru:20151019201846j:image
魚影がくっきり。大きい影はススギだそうです。初めてみました。
感動!
 
おっと、部屋はお風呂しか紹介していませんでしたね。
部屋はまずLDとそれに続くベッドルーム。
f:id:bibimaru:20151019234511j:image
f:id:bibimaru:20151019234356j:image
 
LDにはオールドリンクフリーのミニキッチンもあります。
f:id:bibimaru:20151019234602j:image
f:id:bibimaru:20151019234717j:image
 
もう一つ和室も…
f:id:bibimaru:20151019234810j:image
 これは普通の和室の感じでした。
 
最初に戻って、再びお風呂。そして洗面所。
f:id:bibimaru:20151019234933j:image
こことは別に洗面台付きの化粧コーナーがあったのは女性には嬉しい間取りでした。
 
部屋も素敵でしたが、ロビーのささいなコーナーがわたしには印象的でした。
見たことない革の椅子のレトロさが気になりました。
 
f:id:bibimaru:20151019213707j:image
f:id:bibimaru:20151019235210j:image
 
結論 …「やっぱり、旅館はいいなあ!」