& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ミニ野菜工場ついに登場! 「自宅のキッチンで野菜を育てて食べよう!」

 

f:id:bibimaru:20151024062800p:plain

 

この写真なんだかわかりますか?

自宅で育てる「野菜工場」

そう、自宅のキッチンで野菜を育てて、そのまますぐ食べられるミニ野菜工場です。

「何だ!それなら、うちでも育ててるよ。」

そう!今までもミニ鉢にハーブなどを育ている方はいらっしゃいましたが、ここへきて登場したのは、土のいらない「野菜工場」

ハーブというより野菜をキッチンやLDで育てられる水耕栽培のキットです。

既に企業がビジネスとして大規模に育てて出荷を始めていますが、 2年前の「House of Vision」というイベントでMUJIプロデュースの家の提案で、キッチンにビルトインされた野菜工場を見た時は新鮮でした。

f:id:bibimaru:20151024071950j:image

写真奥の緑に光っている棚です。

 

そして今年リニューアルオープン銀座の伊東屋では廊下一面野菜を育てていて、ディスプレイとしても観察できるようになっています。

f:id:bibimaru:20151024071553j:image

 

それがかなり身近なものとして普及してきました。

それを実感したのは、モデルルームでそれを提案するという企画が進んだ時です。

偉そうなことをいっていいますが、いやはや勉強不足・・・(反省)

 

調べてみると、実際に2~3万円で購入できるようです。

その中で、今回私が「いいな!」と思ったのは、あのお掃除用品のレンタルで有名なダスキンのレンタル水耕栽培。

初年度は4週間で2678円、2年目以降はで水耕栽培キットを届けてくれるサービスらしい。

(実際まだ利用してないので、受け売りですが…)

 

こんなキットが届いて、

f:id:bibimaru:20151024074755j:image

 

種まいて

f:id:bibimaru:20151024074819j:image

 

約4週間で収穫

f:id:bibimaru:20151024074908j:image

野菜の種類も豊富で12種類。

例えば

水菜

f:id:bibimaru:20151024223205j:plain

 

ルッコラ

f:id:bibimaru:20151024223238j:plain

 

小松菜

f:id:bibimaru:20151024223133j:plain

リーフレタス

f:id:bibimaru:20151024223359j:plain

 

サンチェ

f:id:bibimaru:20151024223045j:plain

 

 

などなど…

何だか楽しそう!

そう思ったら更に進化系の商品を発見。

野菜と魚を一緒に育てる新しい農業「アクアポニックス」を家庭で行うキット。

f:id:bibimaru:20151024082505j:image

こちらはインテリアに特化した「アクアファーム」

f:id:bibimaru:20151024082826j:image

この魚は食べられないけど、チョット楽しい。

 

水耕生活(水耕栽培サービス) | お掃除サービスのダスキン