読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

家電に続いて、スマホでコントロールできる照明もでているよ!

インテリア商品、マテリアル

 

「素敵!」「可愛い!」「カッコいい!」

といっているだけでは追いつかないのが、今のインテリアの世界。

 

素材の進歩も凄いが、デジタル化がここまで進んでくると技術の進歩もめざましく、わたしたちコーディネーターも必死でくらいついていかなければならないところが、辛いところ。

以前も電球やエアコンの話を書きましたが、LEDとスマホの普及がインテリアを「Going to the Future」の世界へつれていってくれます。

 

前回の電球に続いて照明進化の話。

 

エアコンから始まった!

 

スマホで入切ができるエアコンが出た時、オンオフの動作ができるとして売り出そうとしたところ、お役所に「【『オン』できるのは危ない。何とか法にひっかかる!」と指導がはいり、何と『オフ』しかできない遠隔操作と笑いものになってからたった3年。

 

今ではもちろん「オンオフ」どころか睡眠モードで睡眠モードで睡眠時間を記録したり、離れた家族のモニターにもなったりと、物凄いスピードで進化しました。

 

それはエアコンだけの話ではありません。

 

照明器具そのものがスマホによって大きく進化をはじめています。

 

照明器具の逆襲

 

そして照明器具。

今まで、専用プレートをつければスマホがリモコンになる機種はありました、特別な装置がなくてもスマホにアプリをいれると、スマホがリモコンとして使える器具が登場。

やっとエアコンに逆襲をかける日が近づいてきまhした。

 

まずは、大光電機の「Bluetooth通信対応」照明。

f:id:bibimaru:20151102234931p:plain

(大光電機HPより)

 

もちろんその機能の付いた機種を買わなくてはいけませんが、ご自身のスマホに専用アプリをいれるだけで、シーリングライトやダウンライトのリモコンとして使えるようになりました。

つまりスマホでONOFFだけでなく、明るさを変える調光や灯りの色を変える調色ができるのです。

いままでシーリングライトはリモコン付きが多く出回っていましたが、ダインライトのリモコン付きはなかったので、これは凄い!

「調光スイッチ」つけたけど、面倒くさくてあまり使っていないお宅が多かったのですが、これなTVを見るから少し部屋を暗くしたいですとか、新聞を読むから白い蛍光色にしたいといった時にスマホで簡単に調整できるのです。

 

ダクトレールにつけるスポットライトでもでているよ!

f:id:bibimaru:20151102235008j:plain

(大光電機HPより)

 

これは一台税抜25,000円。いずれにしてもどの機種もBluetooth対応と言っても決して高くないので、ちょっとお得かも・・・

 

しかもスマホ1台で複数の照明を一度にコントロールできます。

 

 

専用のスイッチプレート不要でアプリダウンロードでスマホを簡単にリモコンにできるメーカーとしてはシャープなども同じです。

 

 

次に、パナソニックが出している、スピーカ付の照明。

これは今まで天井にスピーカーをつけたくでも、なかなかできなかったマンション住まいの人に人気。配線がいらない上に同じくスマホでコントロールできます。

 

音にこだわる人、照明のデザインにこだわる人には微妙かもしれませんが、音を喜楽に楽しみたい人向けです。

 

f:id:bibimaru:20151103000041p:plain

 (パナソニックHPより)

 

スピーカーといえば、ソニーがスピーカとして使える電球を出しました。

これもまた凄い!電球なので今の電球を交換するだけ!これは電球が露出したダウンライト向きですが、電球っていうところに脱帽。

f:id:bibimaru:20151103000929j:plain

 (ソニーHPより)

 

 

どんだけ進化するのだスマホと家電。

ぜぇ!ぜぇ!ぜぇ・・・・!

 

大光電機

www.lighting-daiko.co.jp

 

 

シャープ

www.sharp.co.jp

 

 

 パナソニック

panasonic.jp

 

 

ソニー

www.sony.jp