& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ファブリックで部屋の雰囲気がこんなに変わる

ファブリック「布」はインテリアには欠かせない大事なアイテムの1つです。

ファブリックは簡単に部屋の雰囲気を変えたい時にとても便利。

例えば家のクッション。私は季節毎に変えていますが、先日海外のサイトでとてもいい例を見つけたので紹介します。

ソファはシンプルなオフホワイト。

1) そこに先ずは同じオフホワイト、クリーム色のクッションを置くと…
f:id:bibimaru:20160104161044j:image
「これ以上綺麗なものはない!」というコメント通り、清楚で夢のあるお部屋作ってくれます。
この時に気をつけたいのは、テクスチャ(質感)を変えること。
例えば上の写真では、フリル使いの生地や麻っぽい生地混ぜて、表情をつけています。


2) ペアの生地の無地と柄のクッションを置くと…
f:id:bibimaru:20160104162008j:image
これは私たちがモデルルームをコーディネートする時によく使う手法。
特に少し大胆かなと思う色や柄のファブリックでも、失敗が少なく、品のいいコーディネート空間が出来上がります。

3) インテリアにアクセントをつけたい時…
f:id:bibimaru:20160104162524j:image
壁紙やカーテンで色を遊びたいと思っても、ちょっと勇気が必要ですが、クッションなら簡単に遊べます。写真のような2色使いでも、軽やかにイメージを変えることができるので、思いきって挑戦できます。

4) ちょっと遊んでみたい時…
f:id:bibimaru:20160104163213j:image
これは実際に飼っているワンちゃんの写真をプリントしたクッションとのことですが、日本だとインテリアショップ「フランフラン」に置いてあるようなクッションたち。成功の秘訣は柄のクッションの色をモノクロに押さえたところ。ワンちゃんのプリント柄が映えるとともに、会話が始まる動きのある空間になりました。

5) 最後は形を変えて…
f:id:bibimaru:20160104163823j:image
クッションというと正方形か長方形を思い浮かべますが、写真のような円形のクッションもたまには面白い。チェックとグラフィカルなラウンド柄が他とは異なった個性的な雰囲気を醸し出しています。

どうですか?
5つの写真を見比べるだけでも、同じソファと思えないくらい雰囲気が異なるのがわかっていただけましたか?

1つ気をつけたいのは、要素は加えても最大2つまで!
プロはいろいろな要素を組み合わせてコーディネートしますが、慣れないうちにあれもこれも組み合わせるとチグハグになってしまいがち。
少しづつ変化を楽しんでくださいね!


今いろいろなインテリアショップもセールの時期。
「部屋の模様替えをしたい!でも予算がない!」とそんなあなたに、
手頃な値段で試す絶好のチャンスかも…


写真引用