& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

トリップアドバイザー ロンドンのホテルランキング1位 「 Hotel 41」

今日紹介するのは、トリップアドバイザーでロンドンのホテルランキング1位の「Hotel 41」。伝統のブリティッシュスタイルをモダンなモノトーンで表現したインテリアも素敵なホテルです。

 

先にお伝えしますが、私がここに宿泊したのは4年前。まだこのブログを始める前でした。と、いうことは・・・そう、写真をほとんど撮っていないうえに、撮った写真も上手とはいえないのでどこまで伝わるか心配ですが、とにかくスタート!

 

 「Hotel 41」はロンドンはバッキンガム宮殿やウェストミンスター大聖堂、そしてビクトリアステーションがあるエリアに位置し、それぞれ徒歩で5分ほどで行ける便利な場所にあるホテルです。

客室30室前後のとても小さなホテルで、実はルーベンスホテルの建物の5階部分のみをエグゼグティブルーム以上の5つ星ホテル「Hotel 41」として営業しているという面白いホテルです。

そのせいかどんなホテルも知っているあのロンドンタクシーの運転手さんでさえ「ルーベンスホテル」と言わないとわからないこともあるそうです。

 

実際にホテルのインテリアを紹介する前に見てほしいポイントを一つ。

「インテリアのスタイルは同じでも、カラーを変えると雰囲気が変わる!」

 

では、「Welcome to Hotel 41」

 

 

オットット・・・いきなりですが、エントランスの写真がないので、ホテルのHPから拝借。

エントランスは先ほどのルーベンスホテルとエントランスは隣り合わせになっていて、写真が「Hotel 41」の玄関。いかにもイギリスといった装飾の壁面に対して、白黒の床の大理石の敷き方がアールデコっぽく、そのコントラストが新鮮。

この白黒がこのホテルのインテリアの伏線。

f:id:bibimaru:20160111014548j:plain

(Hotel 41」HPより)

ここからエレベーターで5階に上がってラウンジでゆっくりチェックイン。

 

ここもまた写真はホテルのHPから拝借。

f:id:bibimaru:20160111020128j:plain

(Hotel 41」HPより)

このラウンジにあるレセプションでチェックインをしますが、同時にここはウェルカムシャンパンをいただいたり、夕方6時以降、カナッペや軽食が用意されフリーで楽しむことができる場となります。

 

このラウンジも見るからにブリティッシュスタイルで、執事が出てきそうな雰囲気でした。

 

ではお部屋の案内・・・ここからようやく自分の写真で部屋を紹介できます。 

f:id:bibimaru:20160111021838j:plain

 

部屋全体は・・・おっといきなり写真がボケています。しかも荷物が・・・

それは無視して見てくださいね。

クラシックだけど、ちょっと現代のテイストを取り入れているのがわかるかと思います。

f:id:bibimaru:20160111021206j:plain

f:id:bibimaru:20160111021252j:plain

よく見ると家具のデザインや、壁装飾のデザインは英国様式のクラシックスタイルですが、色がモノトーンでまとめられています。

 

黒地に金の鋲が印象的な部屋の椅子もちょっとアールデコ様式を感じるけど、その上の絵や照明がシルバーではないとことが、アールデコらしくなく、やはりオリジナルスタイルです。床のカーペットも白黒の格子がモダンクラシックな印象です。

f:id:bibimaru:20160111022816p:plain

 

一方壁のブラケットはアイアンの曲線を使っており、組み合わせ方か面白い。

f:id:bibimaru:20160111023419p:plain

 

ベッドの正面の様子。

f:id:bibimaru:20160111023643j:plain

 

暖炉の上の大理石の置物が、日本人の私にはどうも目玉親父に見えて可笑しかったです。小物もこのように白と黒でした。

f:id:bibimaru:20160111023806j:plain

 

部屋の入り口の床は大理石。腰壁のモールディングとパネルが嫌味のないクラシックで、どちらかというとこてこてのクラシックスタイルはあまり好みではないわたしでも素敵だと思いました。

f:id:bibimaru:20160111022450p:plain

 

クローゼットは広いとは言えませんが、必要なものがコンパクトに揃っていました。収納アイディア満載のクローゼットです。また、アイロンがあるところはさすがです。

f:id:bibimaru:20160111024555p:plain

 

バスルームは白が多い空間に黒のアクセントがチラホラ。白の面積が多いので、狭さを感じず使い勝手のいいバスルームでした。

シャンプーなどのアメニティのデザインもよく考えてデザインされている印象でした。

f:id:bibimaru:20160111024820p:plain

f:id:bibimaru:20160111024856j:plain

 

最後にインテリアの大事なポイントであるモノトーンの雰囲気。私の写真では色が綺麗にだせなかったので、ホテルのHPより写真を拝借。

f:id:bibimaru:20160111030214j:plain

 

クラシックスタイルをモノトーンでまとめた上に、1滴アールデコ様式をふりかけたインテリアは抜群のセンスでいうことなし!

 

ベッドも寝心地よかった!

 

またかなりマニアックな話になりますが、カーテンの遮光の裏地の縫製が上手く参考になりました。

 

難点はわたしの泊まったグレードでは部屋が狭かったこと。部屋で寛ぐという点ではこのホテルはスイートをとらなと難しいのかなと思います。

 

ただスタッフのサービスや対応は素晴らしく、小さいホテルならではの心配りはさすがで、素敵だけでは1位になれないトリップアドバイザー ホテルランキングロンドン第一位の実力を感じました。

30室という小さいホテルの良さはスタッフの細かい気配りが全員に行き届く規模なのかもしれませんが、さりげない笑顔一つが印象的でした。

 

 

天窓から光が降り注ぐ朝食ダイニングやライブラリーなどもっと写真を撮っておけばよかったと悔やまれます。

 

次回このホテルに泊まる時はスイートいっちゃいますか?

 

 

Hotel 41 Boutique Hotel London | 5 Star Luxury Hotel & Apartments Victoria