& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

デザイナーの経理 「マネーデザイン」って言葉にかえたらできそうと思った件

わたしのように個人事業主として仕事をしているフリーのデザイナーにとって、年が明け1月も半ば過ぎると、だんだん気になる「確定申告」。

仕事の締切も嫌だけど、この提出期限も好きになれない人も多いのでは?

 

f:id:bibimaru:20160116013816j:plain

 

もちろんわたしもその一人。

そもそもお金の管理が苦手。

領収書の山が箱の中。

帳簿って何?

小遣い帳もつけてこなかった私が帳簿なんて・・・

 

が、しか~~~し!

そんなことを言っていたらいつまでたっても、お金を追いかける人のまま。

お金がついてくる人にはなれない!

 

と、最近やっとわかってきた。(遅い!?)

そう「管理」というから固くなる。

しかも「経理」と思うと計算のイメージがつきまとう。

「Money Design(マネーデザイン)」って言い換えれば?

「 自分のお金の使い方をデザインする」

いいんじゃない!

と、ひらめいたわけ。

「天才!」

 

 タイトルが違うだけで俄然意欲がでてきた。

最終的には経営として「マネーデザイン」できれば成功。

でも、デザインったって、まず第一歩は地味よ。

もくもくとデッサン。地味過ぎて驚かないでねってくらい地味。

 

大いなる野望の前に、目先の確定申告をかわすための「マネーデザイン入門編」。

 

 

1)デザインの勉強でデッサンを繰り返すように、領収書を地味に分ける。

そして、「コラージュ」する。ここ大事なデザインポイント。

ただ「貼る」というと味気ないから「コラージュ」と呼ぶ。実際は貼ってるだけでもだよ。気は持ちようだからね。

 

わたしは、ルーズリーフの無地の紙を使用。

ただのコピー用紙でもいいけど、すぐなくすのでひとまず綴じておかなきゃ。

 

2)デザイナーならPCを使い倒そう!

もちろん手書きは大事だけど、ここでは思い切ってPCを使いたおす。

イラレやフォトショを使えるデザイナーなら会計ソフトはすぐ使える。

だって計算はいらないもん。

ここの部分は次回詳しく書くね。

 

3)クライアントに不明点を確認するように「税の無料相談会」を頼ろう!

わたし自身は2回しか行ったことないけど税務署が確定申告前にやっている無料相談会は頼れる。なんたって無料。しかも提出先の税務署が開いているので、その通りにやれば後で突き返されることはまずない。

 

4)確定申告は税務署がクライアントのプレゼント思い込む。嫌でも思い込む。

だから締め切りはマスト。守らなきゃ!美しい数字の作品に相手は驚くだろうとニヤニヤする。

 

5)確定申告が最終目標ではないことを認識する。

確定申告はあくまで、通り道の指標。自分のデザインのビジョンはもっと先。

そのデザインヴィジョンを明確にして、さらに大きなマネーデザインに取り組む。

 

「な~んだ!言葉が変わっただけ?」

そういったでしょ、言葉が変わっただけ。

でも、それだけでも私はヤル気がでてきたのよ。

わたしは単純で可愛い女なのだ。

 

さて、次回はもう少しためになる話を・・・

実は先日、「フリーランスのためのストレスを減らす経理講座」に行って勉強してきたのね。

その時の確定申告の話やその時紹介された会計ソフト「freee」の話を紹介しようっと・・・