読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

自分のあたりまえが知らない間に自分をブロックしている?

こう見えて(どう見えて?)、占いがけっこう好きです。

何でもかんでも占いに頼るというタイプではありませんが、雑誌やWebで暇つぶしに占いをみて、いいことだけ信じて生きています。

 

占いといってもいろんな種類があり、「コレッ!」というのがあるわけではありません。星占いでも、四柱推命でも、オラクルでもなんでもみちゃう。

 

そんな中最近のお気に入りが「石井ゆかりさん」の星占い。

f:id:bibimaru:20160123144959j:plain

 

この石井ゆかりさんの占い。その言葉に人を勇気づける力があります。

占いってもしかしたら、「あたる」、「あたらない」ということはあまり問題ではなく、自分の中の迷いの気づきを与える力として使うためのものかもと最近気づきました。だから、いい結果だけを信じるのは、自分の中で確信を得るためだと思います。

 

そんな石井ゆかりさんのちょい前の占いでこんな言葉がありました。

 

ー以下、石井ゆかり 占いから引用

 

「これだけは絶対に外せない!」
と、自分の「核」のように思っていたものが
実は、自分の邪魔をしている、ということがいつのまにか、起こります。
個性の源泉のように思っていたり、
自分が自分であることの証のように感じられていたものが
実は、本当に行きたい場所に行くための道を塞いでいる
ということが、たまに起こります。

 

そういうものを「外す」ことができるのは、
どんな場合だろうか、と思うのです。
中には、大失敗したり、
人から学んだりして「外す」人もいるかもしれません。
でも、もしかすると、なにかの行きがかり上、
こだわりをなぜかふと、わきにおいて、
それでちょっとした成功させてしまった時にはじめて
「あ、これ、いらなかったんだ」
と気づいて、そこでぱっと外すことができる
ということも、多いんじゃないかと思うのです。

 

今週、貴方は何かを完成させたり、成し遂げたりすると思うのですが
そこで、「本当の個性」に至る手前に、その前段階となっていたある要素を
「外す」決断をするかもしれません。
といっても、それは「決断」というほど重たいものでなく、
上記のように、わりと気軽に、
「あ、そっか!」という具合に、できていくものだろうなと思います。

 

 

ー以上

 

これを読んで、ハッとしました。

そうなんです。自分の個性と思っている自分中の大前提。これをふと「外す」。

それも気楽に「外す」。

 

いつしか個性と思っていたことが、自分をブロックしていることって!

そんなことってあるよな~

しかも、仕事だけじゃなく、普段の生活の中でもあるようなあ!

 

 

「自分を信じて、自分を疑う。」

 

さっ!仕事しよう!