& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

タイルの進化が止まらない!

 

今日は、先日モデルハウスのコーディネートのために行ったショールームで

見つけた可愛いタイルの話を紹介!

 

 

去年の秋に「ディーン&デルーガ」などの店舗でタイルがよく使われるようになって、一般住宅にも広がっていたという「タイル復活」の記事を書きました。

 

その時の記事はこちら・・・

blog.andbono.com

 

 

さて、このタイル復活。

復活して数年経ちますが、ここへきてその勢いに加速がついたきがします。

 

 

f:id:bibimaru:20160202223132j:plain

 

 

どう?このアメコミタッチの絵。これ全部タイルです。

各150㎜角。表面はマットな仕上がりで、布目調。

今までにないポップな柄が楽しい。ポイントして使うと楽しい空間が作れそうです。

 

 

こちらは見た目は白いタイルがけど、小口がカラフルな蛍光色。

ル自体が少し斜めになっているので、貼ると段差ができて小口からカラーがチラリと見える・・・

どちらかというと店舗向きだけど、この発想が面白い。

f:id:bibimaru:20160203073012j:plain

 

ショールームに置いてあったシマウマとヒョウ。

その足元がモザイクタイルです。

白黒ベースのタイルの中にゼブラ柄のタイル、茶系のタイルの中にヒョウ柄のタイル。

こちらも遊び心満載のタイルで、サイドテーブルの天板と小さい面積で貼ると良さそうです。

f:id:bibimaru:20160203073649j:plain

 

 いかがですか?

家を建てたり、リフォームしたりすることがないとなかなか見ることがないタイルの世界。その進化がとまりません。

 

プリント技術の進化がインテリア業界も大きく変えています。

これから更にどんな風に変化していくのか?楽しみです。

 

今回紹介したタイルはこちらの商品です。

タイル・石材の「Maristo(マリスト)」 - 株式会社アベルコ