& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「フェルメールとレンブラント展」にみる本物の力

 

先日このブログでも紹介した「村上隆の五百羅漢図展」と同時に開催されている大人気の「フェルメールとレンブラント展」の紹介を今日はしたいと思います。

 

f:id:bibimaru:20160219100505j:plain

 

正式名称「フェルメールとレンブラント  17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」。

 

 大航海時代に海を渡って富を得た商人たちが、それまでイタリアやフランスで貴族や教会中心だった絵画を楽しむようになったことで、たくさんの芸術家が生まれた17世紀のオランダ。その代表格であるフェルメールとレンブラントの作品をメインに、同時代の画家の作品を集めたのが、今回の展覧会です。

 

ところで、アート好きといっても専門的にあーだこーだ解説できる知識があるわけではないので、今回もイヤホンガイドを借りて観てまわりました。

 絵画は見るだけでなく感じるもの・・・とはいえ、解説があるのとないのでは大違い。

その絵画が描かれた時代背景や画家の状態を理解することによって、見えない物が見えてきたりして、面白さが倍増するからです。

 

ちなみに今回の「フェルメールとレンブラント展」のイヤホンガイドのナビゲーターは玉木宏さん。柔らかな語り口がこの展覧会の雰囲気にピッタリでした。

 

 

 

さて、今回の展覧会でまず、驚いたのが風景画のコーナー。

風景画というジャンルが一般的になったのが、この17世紀のオランダを中心とする文化圏だったという事実です。

そういわれてみれば、それより前の時代は宗教画、肖像画、一見風景画のようでも宗教の中の場面だったりと、日常としての風景画はほとんど見たことがないなあと初めて気づきました。

街中であったり、田園風景であったり、画家それぞれに得意のパートがありで、いろいろな情景が切り取られていましたが、こんな絵画がでてきてまだ400年ちょっとか・・・知らなかったなあ・・・

 

また、実際の建物に画家の想像の建物を重ね合わせることで、全く別物の建物の絵を描くことも多かったという建築画は、仕事柄興味を引かれました。

 

オランダの繁栄をもたらした貿易を物語るのが、海洋画と静物画。ここに、漆器や陶磁器も登場します。

こうなると、絵画を見るうえで欠かせないのが、世界史の知識。オランダと言えば我が日本が鎖国の時代に唯一交易を許された外国。日本を初めとしたアジアの国々との交易で潤った国の海洋画に描かれた船をみていると、この船で日本へもきたのか?と思わずにはいれません。また、静物画に描かれた漆器や陶磁器は明らかに中国、日本との交易で得たものに違いないと、遠い昔の遠い旅を思わずにいられません。

この後で出てくるレンブラントも和紙がお気に入りだったとか?いい画家はいい眼してるねえ~

 

さて、その「レンブラント」の作品が「ベローナ」。そして、レンブラントの工房で描かれた作品でおそらくレンブラント作であろういわれている「マルハレータ・デ・ヘールの肖像」。

絵の大きさも全くことなる2枚の絵だが、わたしはどちらかというと「マルハレータ・デ・ヘールの肖像」に心惹かれました。ぱっとみるとただの老女の肖像画ですが、オランダで夫とおもに交易で財を築いたオランダ有数の商人マルハレータ・デ・ヘールの顔は、年老いた女性の悲しみは微塵もなく、女性としてというより人として生きてきた力強さがかんじられました。また、レンブラントといえば「夜警」。「光と闇の魔術師」の異名をもっている画家として有名だけど、この作品に限っていえば、のちの印象派を思わせると筆使いが新鮮でした。

本物を観ないとわからなかったことの一つです。

 

そういう意味では「フェルメール」の作品「水差しを持つ女」も本物をみて驚いたことが二つありました。一つめが、絵が小さい。「モナリザ」ではないけれど、「えっ?このサイズ?」というサイズは457×405。その小さな絵の中にすっと光が一筋差し込んだ瞬間に時間が止まって、タイムマシンで現代にやってきたかのような見事な絵でした。

フェルメールブルーについていえば、スカートのブルーはブルーというより紺に近い深い色で、本当に小さくポイントで描かれた宝石箱がから出ている装飾品のブルー惹かれてしましました。そういう意味では、かすかに透けて光を通しているベールの白も印象的でした。

恐るべし!フェルメール!

 

最後は、まるで小学生の作文のようなまとめになってしまいますが、やっぱり本物の持つ力は凄い!そうとしか言いようがない!

きっぱりと言いましょう。

「もっともっと、本物に会いに行くぞ~!」

 

最後に、日本人に人気のフェルメールの作品が展示されるとあって、注目度も高く、その日も平日の午前中というのに、たくさんの人が来場していました。

来場者の平均年齢がちチト高かったのは納得ですが、意外にご夫婦での来場が多かったのは驚きでした。