& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

スマホカメラ用クリップ式広角レンズが便利!

先日偶然見つけたクリップ式スマホ用広角レンズと魚眼レンズ。

「ポラレンズ」の名前で昨年夏、ポラロイドブランドで日本のエレス社が販売開始した商品です。

「何だかおもちゃみたいだけど、安いからちょっと使ってみよう!」などと、興味本位で始めたところ、これが意外に面白い!

そして、仕事にも使えそうというわけで、今日は紹介したいと思います。

 

まずは「百聞は一見にしかず」というわけで、そのレンズで撮った写真を紹介しましょう。

 

これがスマホの普通レンズで撮った写真。

f:id:bibimaru:20160221172721j:plain

 

 

 次に130度広角レンズを装着して撮った写真。

f:id:bibimaru:20160221172842j:plain

上から撮った広角なので、歪んでみえるのは仕方がないが、写せる絵が1.5枚は増えました。

 

 

次に180度魚眼レンズで撮った写真。

f:id:bibimaru:20160221173114j:plain

ワーイ!ギョ、ギョ、ギョ!

 

このポラレンズはレンズは10mm接写、130度ワイド、150度スーパーワイド、180度魚眼、238度魚眼、5倍望遠の6種類。

わたしが購入したのは、接写レンズ、130度ワイド、180度魚眼レンズがセットとなった「CL3」で3780円也。

f:id:bibimaru:20160221173715j:plain

 

このほかに、接写レンズと130度ワイドのレンズがセットとなった「CW67」が1944円、150度スーパーワイドレンズは「CW40」として4104円、180度魚眼レンズは「CF180」として1944円、238度魚眼レンズが「CF238」として4800円、5倍望遠レンズが「CT50」として4104円となっています。(全て税込)

 

使い方はいたって単純で、写真のように輪っかでスマホをはさんで完了。

f:id:bibimaru:20160221173840j:plain

f:id:bibimaru:20160221173856j:plain

 

 

わたしは仕事柄、室内を撮ることがとても多く、別にカメラで撮ることもあるが、記録として残すだけならスマホで十分という時も、ままあります。

正直にいうと、現場に行くときはいろいろな荷物をかかえていくことが多いので、できればスマホで済ませたいのが本音。

スマホのレンズ自体は、やや広角気味なので、多少は左右も写りこんできますが、とはいえ部屋の写真としては、まだ物足りない感じを毎回持っていました。

 そこへきてこのレンズ。

全く知りませんでしたが、これは仕事に使える。レンズを持ち歩いていれば、いざという時にいつでも広角で写真を撮れるなんて、本当に助かります。

 

この広角レンズで撮った部屋の写真を比べてみましょう!

 

スマホ普通レンズ

f:id:bibimaru:20160221174607j:plain

 

ポラレンズ

f:id:bibimaru:20160221174652j:plain

範囲が広がってきました。

今回はあまり引いて撮っていないので、違いがちょっとに感じますが、もう少し後ろに引いてとれば、左右広げて撮れるはず・・・

 

もし150度広角レンズを購入すれは、もっと広角の範囲が広がるんだろうな!

欲しいなあ~~~ココロ揺れる乙女です。

 

もう一つ付け加えると、広角レンズのレンズを取り外すと接写レンズになるという優れもの。

例えば、先ほどに写真にも写っているこの絵。

f:id:bibimaru:20160221175111j:plain

さすがiPhone!これだけでも十分すぎるくらい綺麗に撮れていますが、先ほどの接写れんずをつけると、更に細かく見ることができます。

f:id:bibimaru:20160221175330j:plain

オー!!!

紙の質感までクッキリです。

 

本格的な一眼レフを持っていらっしゃる方は必要ないと思いますが、iPhoneだけで面白い写真を撮りたいと考えている方は一考の価値ありです。

 

わたしは当分持ち歩いてみま~す。

 

k-tai.impress.co.jp