読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

自由な発想のホステル「Nui.」 in 蔵前は実に多国籍

最近、、「オヤッ!?」っと立ち止まって見てしまうお洒落な店が増えた街「蔵前」。

 

「蔵前」の名前の由来は、江戸時代はここの幕府の「御米蔵」があったからだそうですが、わたしたち昭和世代には相撲の「両国国技館」として記憶に残っている街です。

でも、実際には私の生活には縁遠く、インターナショナルタウン「浅草」と女性なら知っている「浅草橋」にはさまれた地味な印象の街でした。

それが、ここ数年、じわじわと変化を遂げようとしてきています。

 

その「蔵前」のオサレな店のはしりが今日紹介する「Nui.」。

f:id:bibimaru:20160317040020j:plain

何のお店? 「カフェ?」

 

そう、1階は「確かに「カフェ&バー」。と、同時にここは、「ホステル」なのです。

「ホステル」という言葉を聞くと思いだすのは「ユースホステル」ですが、会員になって宿泊するのが「ユースホステル」、誰でも泊まれるのが「ホステル」で、どちらも一部屋に数人泊まる「ドミトリー」があることが特徴の宿泊施設です。

 

日本では「ゲストハウス」とも呼ばれており、何となくどうも安宿のイメージがありましたが、だんだんみんなの意識が変わり、宿泊版「シェアハウス」といったイメージになってきました。

 

実際、ここ「Nui.」でも世界各国から日本に訪れるゲストに大変人気だとか・・・

 

前置きが長くなりましたが、たまたま昨日、この「Nui.」の近くで飲んでいたわたしは、どうしても好奇心を抑えることができず、のぞきにいってきました。

 

f:id:bibimaru:20160320104656j:plain

「Nui.」のHPによると、このリノベーションした建物。元々は江戸時代から続くという玩具店の倉庫だったそうです。

そういえばこの蔵前辺りはおもちゃ問屋がたくさんある場所で、かのバンダイもこの近くにあります。

 

中はこの印象的なY字の柱を中心に面白い空間が広がっていました。

f:id:bibimaru:20160320104713j:plain

 

何より噂には聞いていましたが、想像以上のインターナショナル空間。

いろいろな国籍の人と日本人がいい感じでコミュニケーションしています。

基本、スタンディングスタイルというのもいいのかも・・・

 

わたしは?というと、メニューをみると「これは?」というビールが目についたので、

地ビールをいただくことに・・・

それがこちら・・・

f:id:bibimaru:20160320105816j:plain

静岡の地ビールの工房とのコラボで作ったオリジナルIPAのビール。

 

f:id:bibimaru:20160320104620j:plain

 

f:id:bibimaru:20160320110035j:plain

 これが、「美味しい!!!」

ホップの香りと苦みがわたし好み・・・

正直ビールにはあまり期待していなかったので、うれしい!

 

カウンターで2杯も飲んでしまった。

 

浅草橋から蔵前、浅草まで海外の方が多いなと思っていたけど、こんな交流の場も根付いて、こりゃ本物だという感想。

インターナショナルホステル「Nui.」は凄いぞ!