読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「雑貨展」で改めて雑貨について考えてみた

六本木ミッドタウンの「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「雑貨展」に行ってきました。

 

f:id:bibimaru:20160320181251j:plain

 

「雑貨」という言葉。大変よく聞くことばですが、「雑貨」って何?

実は日常の身の回りにあるものながら、実際分類できないものという位置づけにあるのが本来の雑貨かと思いますが、最近では「雑貨屋さん」として食器を扱っていたり、文房具を扱っていたり、その範囲は多種多様になってきています。

 

それら日常に寄り添う「雑貨」は一番身近なデザイン商品かもしれません。

 

と、カッコつけて語りましたが、私自身、正直何の前情報もないまま、たまたまそこを通りかかったというだけで、のぞいてきました。

 

エントランスから会場にくだるとこの雑貨の山があります。

あの有名な「松屋」の商品の数々で作った山です。

「松屋」は自然素材を中心とした生活道具をあつかう荒物問屋で一般向けの店舗が谷中の夕焼け段々坂の上にあって、多くの人でにぎわっているお店です。

店内は写真にあるようなカゴやザル、ほうきなど懐かしい商品がたくさん並んでいます。

 

f:id:bibimaru:20160320182012j:plain

そういえば、このような日用品のことを「荒物」って言ってたなあと改めて思いだしました。

いつから「雑貨」になったんだろう?

「雑貨」と呼ばれ始めたのは渋谷に「文化屋雑貨店」ができ、日常品以外の文房具や身の回り品とかが楽しげに売られ始めてからかなあ?

そう思うとその雑貨の創生期を作った「文化屋雑貨店」も「F・O・B CORP」も昨年で閉店してしまいました。もしかしたら、雑貨の歴史も大きく変わる時期なのかもしれないなあと改めて考えると、この企画展を見る目が俄然変わってきました。

 

さて地下の会場には、まず雑貨と呼ばれるいろいろなものが並んでします。

f:id:bibimaru:20160320190506j:plain

この中のいくつかはわたしのうちにもあるぞ!

なぜが同じものがあると嬉しい!

例えば、下の写真のピラーやカッチャマン、ノリ剥がし剤をいれる容器等、何のつながりもない商品ですが、うちにあるのよね。

f:id:bibimaru:20160320190726j:plain

 

面白かかったのはこのあとのコーナー。

いろいろな分野の人がその人にとっての雑貨を展示。

それが人それぞれで面白い。

 

 

 クリエ―ティブディレクターの南貴之さんの「僕の身近なMADE IN 〇〇〇」ではこんな感じ。

f:id:bibimaru:20160320191524j:plain

確かにインターナショナル雑貨だわ。

紙袋欲しい!

 

 

設計事務所「ima」のケンセツザッカはとても親近感があります。

f:id:bibimaru:20160320191658j:plain

わたしの仕事もそうですが、大きさも形も全く異なるたくさんのサンプルに囲まれて仕事をします。

デスクの上の塗装見本などは思わず笑ってしまいました。

片付かないよなあ~

 

 

他にもいろいろありましたが、ほんの一部写真を撮ったので紹介します。

f:id:bibimaru:20160320192046j:plain

 

f:id:bibimaru:20160320192122j:plain

 

f:id:bibimaru:20160320192152j:plain

 

 

本当にいろいろな雑貨が並ぶ中、わたしが一番感心したのがこれ!

f:id:bibimaru:20160320192310j:plain

f:id:bibimaru:20160320192326j:plain

全てどこかでみた雑貨!多分あまりにキッチュ過ぎて、お洒落な今どきの雑貨屋には絶対に並ばない商品の数々。

リレーのバトン、メロンシャーベットの容器、来賓のリボン、安っぽいリボン、アイスクリームのスプーン、ネットをとめるもの、牛乳瓶のフタを開けるピン etc. etc.

たまらない~~~~

一つ一つはデザイン的には「?」だけど、たくさん集まるとこんなにも愛おしい物なのか?

 

極め付きはこれ!

f:id:bibimaru:20160320192906j:plain

f:id:bibimaru:20160320192922j:plain

 

最近、お洒落雑貨がもてはやされているけど、「雑貨」って「たかが雑貨」であることに変わりはないことを思い知らされました。

もちろん「されど雑貨」も存在し、それはそれで大事だけど、「たかが雑貨」あっての「されど雑貨」。使いこなしてこその「雑貨」だね!

 

最後にサンクンコート(地下の吹き抜けのエリア)にならんでしたこちら。

f:id:bibimaru:20160320193751j:plain

わたしは絶対に買わないであろうカラフルなプラスチックのS字フックたち。

 

U~~~m 負けた!

 

個人的にも大好きな雑貨の世界。カッコいいだけじゃない、お洒落だけじゃない雑貨の横顔にふれて、また一つ大人になりました。