読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

Yha Yha Yha!アートがうちにやってきた!

f:id:bibimaru:20160626214150j:plain

 

いきなりの写真!

うちにアートがやってきました。

 

この作品は今年の5月に国際フォーラムで開催された「アートフェア東京」に行った時に出会った作品。

会場に入ってわずか5分で「アッ!これっ!」と思い、衝動買いをしてしまいました。

実際、衝動買いで買える値段ではなかったので、一瞬迷って会場を一回りしてくる間だけ取り置きしてもらい、熱を冷ましてから考えようと私には珍しく冷静に考えるフリをしましたが・・・・

 

結局、買っちゃった!

(心の言い訳・・・また、頑張って働くさ!)

 

 

「野原邦彦さん」というアーティストの作品で、一本の木材から作った「BREAK TIME」という名前の作品です。

 

こちらの野原さんは木彫りの彫刻を主に作っている作家で、この作品の首のあたりにふわふわただよう雲をいろいろなモチーフに漂わせた作品がたくさんあります。

 

f:id:bibimaru:20160626220139j:plain

 

アップでみてみると、絶妙な色遣いの着彩が施されていることがわかります。

木彫りとは思えない軽やかな装いと力の抜けた雰囲気が気にいっています。

 

難しいことはわからないから、ただただ空気感が好き!それだけです。

 

それからもう一つ、面白かったのが後ろの絵。

f:id:bibimaru:20160626220553j:plain

この絵をモチーフに彫っていったらしいのですが、板に無造作に描かれたこの絵も好きだな!

 

結局2点セットで買ってしまったのよ。

 

さてさて、この作品をどこに置こうかな!ひとまず玄関でお出迎えしてくれていますが、いい場所考える。これもまた楽しい時間です。

 

まさに「BREAK TIME」

 

私自身「アートフェア東京」で知ったばかりの野原さん。

これからの活躍を期待しています。

 

 ところでの作品に出合った「アートフェア東京」。

「アートフェア東京は、古美術・工芸から、日本画・近代美術・現代アートまで、幅広い作品のアートが展示されるフェアとして、アジアで最初に開催された、日本最大級のアートフェアです。」

という文言にあるとおり、いろいろな紆余曲折の末2012年に会場を大きくして、一般の人にもアートにふれる場を広げたいとの思いで開催されているフェアです。

このアートフェアの特徴は、今回の私のように気に入れば実際に購入することもできること。

アートに興味があり、美術館やギャラリーにいく人は多いけれど、実際にどこでこういう風に購入できるかわからないという人が気軽に見に行けるフェアです。

 

年に一度で今年のフェアは終わってしまいましたが、興味のある人は来年是非行ってみてください。

 

もちろん見るだけでもOK!

日本画から現代アートといった絵画から彫刻、陶芸までと幅広いので、面白いよ!