& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

蔵前の人気ゲストハウス「Nui」 宿泊体験レポ

 

f:id:bibimaru:20160628181704j:plain

 

ブログを休んでいた間、仕事ばかりかというと「オッとドッコイ!」

わずかな隙間時間でこの有り余る好奇心を満足させていました。

 

その一つが、ゲストハウス宿泊体験。

 

ここ東京での注目度No1の蔵前。両国に国技館が移転するまでは「相撲の街」、さらにそれ以前から「おもちゃ屋の街」として隅田川沿いの下町として栄えた街ですが、取り立てておしゃれなカフェやショップがあったわけではなかった蔵前。

 

その蔵前が、隅田川沿いにおしゃれなカフェやレストランがオープンし始め、にわかに脚光を浴びてきました。

 

今回わたしが宿泊したゲストハウス「Nui(ヌイ)」は、2012年のオープン以来、リーズナブルな価格ながら、ゲストハウスのイメージを変えたオサレな内装と設備で高い人気を誇っています。

 

わたしがこの「Nui」を知ったのは、オープン間もない頃。立ち上げのオーナースタッグと大工さんたちの自分たちの泊まりたい宿を作り、且つ地元の人も気楽に利用できるカフェを併設することで地域にとけこんだ施設にしたいという記事を読んで、「なんて面白そうな!」と思っていました。

 

それから3年半。途中、カフェは利用しましたが、すぐ前のレストランバーで飲み会があるタイミングで予約がとれ、念願かなってようやくここに泊まることがでした次第です。

 

「ヒャッホーーーー!」

 

というわけで、飲み会の後1分ほど歩いて到着。

一階のカフェでチェックイン。

今回は空きのあった女性専用ドミトリーだったので、3,000円也。

安い!

 

わたしは、タオルを150円でタオルもレンタルして、注意書きをもらいまずは部屋へ・・・

 

f:id:bibimaru:20160628172553j:plain

このオサレなカフェの奥にある荷物用のエレベーターが宿泊フロアへの入口。

もともと玩具工場の倉庫を改装しただけあって、このエレベーターも恐ろしく広いだけじゃなく、「ゴ~~~~~、バタンバタンバタン!!!」と音もでかい。

 

f:id:bibimaru:20160628172648j:plain

 

 ここが、3階の女性専用ドミトリー。

でも部屋の中はいたってゲストハウス。木の二段ベッドが合宿所みたい。

f:id:bibimaru:20160628173003j:plain

 この一ベッドが今夜の私の城。

 

Welcome to my room!

f:id:bibimaru:20160628173148j:plain

さすがに今のゲストハウス。ベッドごとにコンセントが2口あり、Free Wifiでネット環境は抜群。

 

もちろん洗面、トイレは共同だけど、無茶苦茶綺麗!!!

f:id:bibimaru:20160628173339j:plain

全然嫌じゃない。

シャワールームもとっても綺麗。

 

これだけで、すっかり安心して「Good Night zzzzz 」

 

翌朝、1階のカフェは8時オープンなので、それまで上の階にあるというコモンスペースへ・・・ここは宿泊者が使えるキッチンやPC、テーブル、洗濯機などがあると聞いていましたが、エレベーターを降りると、あら!素敵!

 

 

自分たちで作ったというまるで「ブルータス・カーサ」に出てくるような素敵な空間が広がっていました。

f:id:bibimaru:20160628174236j:plain

 

f:id:bibimaru:20160628174302j:plain

f:id:bibimaru:20160628174406j:plain

 

いいなあ!ここ住みたい!

 

「インテリアデザイナーならこういう空間作れるでしょう?」と言われますが、一つ一つ中古の部材を吟味して集めて作る作業はとても大変で、一般の新築の住宅をメインでやっているとここまでのものを作り上げるのは難しいのです。

 

 キッチンとテーブルのある空間との仕切りの壁。

f:id:bibimaru:20160628175106j:plain

f:id:bibimaru:20160628175122j:plain

f:id:bibimaru:20160628175136j:plain

 

効果的に窓枠や欄間(?)、換気扇を埋め込んで、キッチンが暗くならないよう仕切っていて、脱帽。

 

黒板には近所の銭湯の案内やこの近所のショップカード、旅行の案内などが並び海外からのお客様だけでなく、都内に住む私も興味津々。

英語で書いているだけで、旅行気分になるわ~~~

f:id:bibimaru:20160628174436j:plain

 

因みにキッチンの使い方もわかりやすいサインボードで英語表記してあります。

f:id:bibimaru:20160628175954j:plain

 

 

 

 

ここで朝日を浴びてくつろいだら、一階のカフェへ・・・

f:id:bibimaru:20160628175523j:plain

 

もちろん朝食は抜かりなくオサレな「アサイ―ボウル」

f:id:bibimaru:20160628180922j:plain

 

そして「Nui」を後にして、仕事へと・・・

 

仕事がら内装のことを中心にレポしましたが、ここに泊まって一番面白かったのは宿泊客。

海外からの旅行者は想像通りで、欧米人の他に私の泊まった女性専用ドミトリーも韓国語と中国語が飛び交っていましたが、意外だったのが日本人。

お父さんと息子、小学生らしき団体、年配の男性など予想外の宿泊客がいて自分の世界の狭さを痛感しました。

世の中は広いぜ!

 

ゲストハウスをめぐる旅のとりこになった私です。

 

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE | 東京のホステル&バーラウンジ

 

おまけ 1階のカフェは夜にはバーになるんだけど、ここの地ビール美味しいよ!

 

blog.andbono.com