& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

同じ青でも、こんなにイメージが変わるよ!

今日は、インテリアの色使いの話。

 

モデルルームを作るとき、アクセントカラーを用います。

もちろんモデルルームだけでなく、クライアントのお宅をデザインする時も、ベーシックな色の中にポイントとして何か色を入れることで、部屋の雰囲気がガラッとかわるので、お勧めしています。

 

とはいえ、同じ色でも合わせる他の色や柄や素材によってずいぶん変わるもの。

 

今回はクッションを例にブルーのアレンジを紹介します。

 

まず、こちらの写真。

濃紺とグレーの組み合わせ。

モダンな柄のブルー系のクッションを白い革のソファに合わせて、大人っぽいモダンな部屋になりました。

f:id:bibimaru:20160630133706j:plain

 

 

こちらは、ブルーと黄色の組み合わせ。

モダンな配色のイカット柄のクッション。この中のブルーをグラスや奥のテーブルナプキンに使っていますが、クッションは黄色となす紺を抽出して合わせ、元気でナチュラルな雰囲気の部屋になりました。

 

f:id:bibimaru:20160630133733j:plain

 

 

こちらは写真で見えにくいのですが、ブルーのウールの大柄なギンガムチェック柄のクッションとロイヤルブルー、グレーの組み合わせ。

大人のモダンナチュラルなコーディネートです。

f:id:bibimaru:20160630133749j:plain

 

いかがですか?

色のマジックはその色そのものだけでなく、組み合わせや素材によっても大きく印象を変えます。

カラーマジックで、インテリアを遊んでみませんか?