読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ミラノサローネ2016 ラグジュアリー空間へようこそ!~ミラノサローネ2016 No.3

シリーズ3回目にしてようやく会場内へ・・・

ミラノサローネ2016 ラグジュアリー空間へようこそ!~ミラノサローネ2016 No.3

 

 

 

 

毎年のことながら、朝から大混雑の通路を進んでまずは会場案内のマップをGetして、大体の会場分布をチェック!

 

 

f:id:bibimaru:20160714233850j:plain

 

マップを確認すると、見慣れない文字が・・・「xLux」?

まず今年の大きな特徴は会場をわかりやすく「Classic」 と 「Design」に分けたこと。

「Classic」 部門はいわゆる伝統的なクラシックな家具ブランドだけが集結されたホールで、のぞいてみるとお客様のほとんどが中国系とアラブ系、そしてちょろっと欧米人。多分ロシア系だわと勝手に分析しましたが、どうなのかしら?

本当に関心のある人が訪れている感じでした。

商品は・・・かなりの金額でございました。

 

 

さてさて、いわゆる一般的な家具(ここではクラシックテイスト以外の家具)ですが、

今年はその中でも更にすみわけが行われ「xLux」(エクストラ・ラグジュアリー)と命名されたホールが新設されていました。

「特別ラグジュアリー」って何よ?

と言うわけで中に入ると、わかりやすい「ゴージャス系ラグジュアリー」。

f:id:bibimaru:20160714224800j:plain

(何を撮ったかわからないけどキラキラ感満載の写真をアップ)

 

f:id:bibimaru:20160714225927p:plain

壁面のタイルがゴージャス×10

 

f:id:bibimaru:20160714225336j:plain

f:id:bibimaru:20160714225429j:plain

このあたりは上品ゴージャズ

 

f:id:bibimaru:20160714225449j:plain

よく見ると革を巻いたテーブル・ゴールド系ブロンズのスツール

 

 

f:id:bibimaru:20160714230358p:plain

シンプルゴージャスなベッドルーム

 

このホールの代表格があのブランド「FENDI」「VERSACE」。

撮影禁止なので、写真がないのが残念!

でもそれぞれのファッションの個性が家具にも表れていてわかりやすい!

「FENDI」はカラーはベージュを基調にしたエレガントな雰囲気のインテリア。

「VERSACE」はあのメデューサがいっぱいプリントされたファブリックのインテリア。

 

それ以外では自動車ブランド「Aston Martin」「Lamborghini」もこのホールにあり、実際に商談していた紳士のカッコよかったこと。

絵になってたわ~

 

「xLux」を走ってまわり、次のホールへ・・・

 というわけで、ここからは、カテゴリー別に紹介。

 

日本でも購入できるラグジュアリーブランド

1)「FLEX FORM」

まずは南青山にショップを構える「FLEX FORM」。

ミラノでも1,2を争うトップブランド。

木や石といった素材へのこだわりが商品に表れています。

椅子の張地のファブリックも気張りすぎないけどくだけすぎない絶妙なバランスで、風合いを感じる質感です。

f:id:bibimaru:20160714235148j:plain

ゆったりとレイアウトされた家具たち。シックな色合いが素敵です。

 

f:id:bibimaru:20160714235432j:plain

今年の新作ソファ。斜めの背が柔らかな印象を与えます。

 

f:id:bibimaru:20160714235643j:plain

個人的に気になったのがこのテーブル。

f:id:bibimaru:20160714235701j:plain

今年は組み合わせの妙が随所にみられました。

 

f:id:bibimaru:20160714235721j:plain

こちらも新作。角のとれた柔らかいフォルムと背の革のコードが美しい椅子です。

 

 

 2)「Minotti」

同じく高級家具の代名詞。今年は、角が丸くなっり、優しさを感じさせるフォルムの家具が加わりました。

f:id:bibimaru:20160715003113j:plain

変形のテーブルも面白い。

f:id:bibimaru:20160715003015j:plain

「Minotti」らしい白いソファに今年らしい張地の椅子と変形テーブル、ブルーの一人掛けチェアを組み合わせて・・・

小物の赤もきいています。

 

f:id:bibimaru:20160715003944j:plain

 

f:id:bibimaru:20160715004003j:plain

曲線型のソファが新鮮。

 

f:id:bibimaru:20160715004030j:plain

中華テーブル(?)も登場。

f:id:bibimaru:20160715004107j:plain

「The Minoti」といった雰囲気2016!

 

「Molteni&C」

機能的なシステム収納で有名な「Molteni&C」はソファなどの家具のデザインも素晴らしいブランドです。

f:id:bibimaru:20160715070748j:plain

ここでも黄色いアクセントカラー

 

f:id:bibimaru:20160715070434j:plain

 小ぶりのソファ?広めのチェア?といったサイズの椅子

 

f:id:bibimaru:20160715070541j:plain

やはりエッジがとれた円テーブル

 

f:id:bibimaru:20160715070558j:plain

注目を集めていたデスク

 

なんとなく雰囲気だけでも味わっていただけたでしょうか?

それにしても、時間かかりすぎ?

一つ一つ説明していたら、1か月かかるかも?

 

次回からもっとまいていきます。