読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ミラノサローネ2016 今年の特徴は?・・・~ミラノサローネ2016 No.4

コーディネーターの仕事 気になるもの、気になること インテリア空間

今回は、私なりの目線で気になったミラノサローネ2016で目についた今年の特徴をまとめてみました。

 

 

ミラノサローネ2016 今年の特徴は?・・・~ミラノサローネ2016 No.4

f:id:bibimaru:20160716105717j:plain

(B&Bイタリア)

 

1)角がとれた丸みのあるデザイン

上の写真はイタリアモダン家具の世界的なブランド「B&Bイタリア」のダイニングセットですが、シャープなイメージのモダン家具も、この写真のテーブルのように角に丸みをとったデザインが多く見られました。

f:id:bibimaru:20160716110126j:plain

ミノッティのデスクも椅子も角が取れている。

 

f:id:bibimaru:20160716110148j:plain

f:id:bibimaru:20160716110209j:plain

天板の小口も面取りされて優しい印象。

 

 

f:id:bibimaru:20160716110355j:plain

日本のメーカー「リッツウェル」も丸みのあるフォルムで人がたくさん集まっていました。

 

f:id:bibimaru:20160716110742j:plain

「パオラレンティ」のチェア。どこかクラシカルな懐かしい雰囲気。

 

 

2)ナチュラル色+グレー・黒塗装の組み合わせ

先にアップした写真でも見られるように、今年は例年になくナチュラル塗装が増え、そこに黒のアクセントを効かしたインテリアが目につきました。

 

f:id:bibimaru:20160716112534j:plain

 「B&Bイタリア」は色のバランスが絶妙です。

 

 

f:id:bibimaru:20160716112557j:plain

「Poltrona Frau」は去年に引き続き障子風のパネルが印象的です。

 

f:id:bibimaru:20160716112619j:plain

Riva 1920 」の木製品はディテールも凄い。

 

f:id:bibimaru:20160716112638j:plain

 「De padova」の洗練されたカジュアルモダンの家具も色の組み合わせでシックな印象

 

 

3)アクセントカラーはマスタードイエロー・ブルー・グリーン

メーカーによってその年の色がありますが、今年はマスタードイエロー・ブルー・グリーンが多かったように思います。

その中で特にマスタードイエローが印象的でした。

f:id:bibimaru:20160716113358j:plain

 

f:id:bibimaru:20160716113158j:plain

 

f:id:bibimaru:20160716113656j:plain

f:id:bibimaru:20160716113720j:plain

f:id:bibimaru:20160716113749j:plain

 

4)ゴールドやブロンズの小物

モダンデザインでは照明などのシルバー(クロム)色の小物が多い例年に比べ、ゴールドやブロンズがアクセントに使わていました。

f:id:bibimaru:20160716114044j:plain

f:id:bibimaru:20160716114118j:plain

f:id:bibimaru:20160716114203j:plain

f:id:bibimaru:20160716114143j:plain

 

5)洗練された自然素材使い

北欧家具やアジアンリゾート風のインテリアに多く使われる自然素材ですが、あか抜けたデザインの商品が近年でてきました。

その流れが今年は更に大きくなってきたように感じました。

 

f:id:bibimaru:20160714235721j:plain

「フレックスフォルム」の革コードは後ろ姿が逸品。

 

f:id:bibimaru:20160716110424j:plain

北欧家具のテイストだけど「モルティーニ」。

 

f:id:bibimaru:20160716115233j:plain

「DEDON」は相変わらずフォルムが面白い。

 

f:id:bibimaru:20160716115250j:plain

 「De padova」の椅子は曲木が綺麗でした。

 

f:id:bibimaru:20160716115305j:plain

「ジェルバゾーニ」も得意の編み込み照明。

下のテーブルのゴールドが今年らしい。

 

f:id:bibimaru:20160716115608j:plain

「パオラレンティ」のシチリアガラスのテーブル。色が絶妙。

 

f:id:bibimaru:20160716121931j:plain

極め付きはイタリアの家電ブランド「SMEG」が「ドルチェ&ガッバーナ」とタグを組んで出した冷蔵庫。

これもシチリアの職人技らしい。凄い!

 

 ダイジェストで今年気になったことを5つだけまとめてみました。

ものすごい人であふれかえており、いい写真が撮れなかったが残念。

雰囲気だけでも味わっていただければ嬉しいな!

 

次回は、他の会場で気になったことを書きますね。