読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ミラノサローネ2016 今年のキッチン・・~ミラノサローネ2016 No.11

コーディネーターの仕事 インテリア商品、マテリアル

いよいよ終わりが見えてきました。

もう一息!

 

ミラノサローネは家具以外は、照明とキッチンを1年おきに展示します。

今年はキッチンの年でした。

 

正直キッチンをゆっくり見る時間がなく、駆け足でチラ見しただけでしたが、簡単に写真だけでも紹介します。

 

ミラノサローネ2016 今年のキッチン・・~ミラノサローネ2016 No.11

今回「お~~~っ!」と注目を集めていたのがこのキッチン。

f:id:bibimaru:20160723183412j:plain

わかりますか?み右側のせり出したところ。

これはもともと他の天板と同じラインにあるのですが、ボタンを押すとグ~ッと奥へ移動して、中からシンクが現れるというもの。

ちょこっと見えているのが、蛇口です。

シンクが隠れると家具のようにも見え、LDにある大きなテーブルのようです。

 

もう一つこのメーカーはキッチンで野菜の栽培ができる機器も大々的にみせていました。

f:id:bibimaru:20160723183950j:plain

技術の革新がどんどんキッチンを変えていきます。

 

f:id:bibimaru:20160723184045j:plain

スタイリッシュな照明が施されたこちらのキッチン。このように薄い天板もここ数年人気です。

 

f:id:bibimaru:20160723184812j:plain

こちらは縦のラインの照明が斬新。

 

 

 

f:id:bibimaru:20160723184105j:plain

こちらは黒いステンレス+木の組み合わせがカッコいいキッチン。

 

 

f:id:bibimaru:20160723184128j:plain

「フードとレンジフードが一体化した。」と言い切るのはあまりにデザインが素敵なキッチン。

 

 

f:id:bibimaru:20160723184146j:plain

中にはこんなかわいいキッチンもあります。

 

 

f:id:bibimaru:20160723184651j:plain

日本ではほとんど見ることがないスタイルですが、もちろんクラッシックなスタイルも忘れてはいません。

 

全体をみての印象は家具としてみてもおかしくないほど、キッチンのデザインが年々スタイリッシュになってきました。

特にLEDや機器の進化でますます、キッチンも変貌してきました。

 

手の届く価格のキッチンロボットが実用化して出てくるのも時間の問題ですね。