& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

イケア 流行の取り入れ方

イケアに行くとカフェコーナーでホットドッグを食べたくなります。

今回も配送の手続きが終わって、カフェコーナーに行くと前回までと雰囲気が違う。

「模様替えをした?」と思いみてみると、窓のあった壁一面がこんなオサレなディスプレイスペースに変身しているではないか!

 

f:id:bibimaru:20160820114253j:plain

ここは今まで、外の喫煙コーナーを眺めるだけのカウンターデスクがあった場所で、外の光は入ってくるので、気持ちよかったけど、ただそれだけの場所でした。

 

それが、こんな素敵なディスプレイされているではないか!

この商品をリピートして展示する手法はここ数年の流行りで、シンプルな商品を見せるにはいい手法。「MUJI」でもよくみるディスプレイです。

 

こうやってみるとイケアの商品も絵になる。黒板の使い方もカフェっぽい。

 

さすがにイケアで流行をきちんと分析して商品やディスプレイなど細かいところに流行を取り入れています。

例えば、去年くらいからミラノサローネでもゴールドやブロンズが目につくようになりましたが、今年のイケアの新作にもそんな商品が増えてきました。

 

このキャンドルホルダーもその一つ。

f:id:bibimaru:20160820115033j:plain

 

また黒の小物の流行にも反応していて、このコーナーのディスプレイもオサレにまとめていました。

f:id:bibimaru:20160820115207j:plain

この中に新作がたくさんあります。

 

個人的には意味もなくジョウロが好きです。

f:id:bibimaru:20160820115328j:plain

 

また部屋のアクセントとして、都内のインテリアショップでも人気のこのラグも新作ででていました。

f:id:bibimaru:20160820115417j:plain

 

 

オシャレもインテリアも同じかと思いますが、最先端のオシャレを半歩先くらいの時期で提示するのが、一番消費者に取り入れてもらいやすいタイミングだと思います。

マスで売る場合は早すぎても遅すぎてもダメという難しいところがあります。

そのタイミングをはかる分析力がイケアは参考になります。

 

プロといえども、いい勉強をさせてもらっています。

 

次回は、この記事の先頭で紹介したカフェコーナーの衝撃の新作メニューの紹介です。