読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

逆さま傘、いざ出陣

機能的には欲しい欲しいと思いつつ、なかなかピンとデザインのものがなく買わずにいるものがありますが、わたしにとっての逆さま傘もその一つでした。

 

「逆さま傘」とは通常柄の方に閉じる傘が上の方に開閉する傘で、車の乗り降りに抜群の利便性を発揮する傘のことです。

特に雨の日に車に乗るときって、傘をたたむ時に傘が引っかからないようドアを思いきり開けた状態でたたまなくてはいけないので、どうしても濡れてしまいます。

しかもそ濡れた傘を車内に入れるときにも濡れてしまいます。

 

しかしこの傘は逆さにたためるので、すっとドアを閉めながら傘をたためる・・・

「これは買いだ!」と前々から目をつけれいました。

 

でも・・・

 

デザインが格好悪い!

特に普通に傘として見たときに、変なのです。

ホネがあらわに出てくるタイプや形が不自然なタイプなど、いまひとつピンとくるデザインの商品がなかったのです。

しかし、ついにこれはという商品を発見!

梅雨前に購入して、何度か使ってみました。

 

結果、◎!

早く紹介したかったのですが、写真を撮る暇がなく延び延びになっていました。

先日それがようやく写真を撮れたので紹介します。

 

わたしが購入した逆さま傘はこちら。

LeafIn 車用傘 逆さま傘 長傘 撥水 アンブレラ (ブラック/レッド 標準張り) 二重

 

 

雨の日の写真がこちらです。

 

車を降りる時、ドアをちょっと開いて傘を出す。

f:id:bibimaru:20160820150741j:plain

 

ボタンを押しながら上に広げていく。

f:id:bibimaru:20160820150922j:plain

 

すっかり広がったところ。

f:id:bibimaru:20160820151003j:plain

 

仕事が終わって車に乗るときは、こんな感じ。

f:id:bibimaru:20160820151056j:plain

 

もちろんまったく濡れないわけではないけれど、普通の傘に比べると濡れる割合が激変。

何が凄いって、この後畳んだ傘を車に入れる時、びしょ濡れの外側の部分が中に入るので、滴がほとんどたれないで車内に入れられるところ。

 

難点は普段持つには重いところ。もう少し軽ければ、電車に乗る時も濡れた面が外にでないので使えると思いますが、さすがにこの傘を持ち歩く気にはなれません。

二重になっているから仕方がないとは思いますが、かなり残念。

 

ちなみにこの傘、畳んだ時の状態はこんな感じ。

f:id:bibimaru:20160820151818j:plain

何だかドレス着ているみたいで、可愛い。

 

広げた時も後日写真を撮ってみました。

f:id:bibimaru:20160820151917j:plain

広げると普通の傘と同じアーチを描いているのがわかりますか?

自然です。

一見地味な黒ですが、チェッカー柄が可愛い。

そして中が情熱の赤!

f:id:bibimaru:20160820152102j:plain

 

わたしのように普段仕事で車を使う人、荷物が多くて雨の日の乗り降りが大変な人にはお勧めですよ。