読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

インテリア目線のヘルシンキ 「デザインミュージーアム」

アート フィンランド

インテリアを生業としているからには絶対外せないぞと訪れたヘルシンキの美術館のひとつが「デザインミュージアム」。

北欧デザインの家具というと、デンマークのメーカーが多いのですが、ここフィンランドにも世界的に有名なブランドがあります。

このスツールも皆さんもどこかで見たことがあるかと思いますが、その一つが「artec(アルテック)」です。

f:id:bibimaru:20160829193630j:plain

それと、エリエール・サーリネンの家具を復刻されるべく設立された「アデルタ」。

 

この二つのメーカーをはじめ、フィンランドに関係する家具やイッタラ、アラビアといった食器やガラスのメーカーの今までの歩みが展示されています。

 

では早速入ってみましょう!

 

この美術館自体は古い建物で、学校として使われていたらしいのですが、天井の装飾はこんな感じで、他に見ない面白さです。

f:id:bibimaru:20160829195312j:plain

 

 しかし、一歩中に入りカウンターに行くと、壁にはさみが・・・

f:id:bibimaru:20160829195514j:plain

 

 中は年代順になっています。

といってもそう古いものではなく1870年から始まりますが、いきなり1950年くらいに入ります。

f:id:bibimaru:20160829195557j:plain

 

 古いところでは、これらのパース画が目を引きました。

f:id:bibimaru:20160829195656j:plain

そして、このバイキングの帽子のような照明。

f:id:bibimaru:20160829195736j:plain

 

このあとは今でも目にするデザインの椅子が並びます。

f:id:bibimaru:20160829195907j:plain

f:id:bibimaru:20160829195937j:plain

先ほどのアルティックのスツールも・・・

f:id:bibimaru:20160829200054j:plain

 

また同時にイッタラやアラビアの今も使われている食器や商品が並んでいます。

f:id:bibimaru:20160829200320j:plain

f:id:bibimaru:20160829200336j:plain

f:id:bibimaru:20160829200355j:plain

 

先日も書きましたが、こうやってみていくと美術館に並んでいるからといって決して特別なものではなく、日常に人々の生活に溶け込んでいるものというところが、とても印象的でした。

 

これらの展示はとても懐かしさを感じるものでした。

f:id:bibimaru:20160829200601j:plain

 

2階は少し変わって、先ほど紹介したエリエール・サーリネンの復刻家具。

f:id:bibimaru:20160829200823j:plain

f:id:bibimaru:20160829200832j:plain

f:id:bibimaru:20160829201448j:plain

それから、イタリアのメーカー「マジス」の商品として有名なこのパピーたちもフィンランドのデザイナー「エーロ・アールニオ」の作品として展示されています。

f:id:bibimaru:20160829201316j:plain

 

正直思ったほど大きくなくこじんまりとした美術館で展示も多くありませんでしたが、普段自分たちが使っているものを展示している。つまりデザインとは美術館に飾るものではなく、使うものにこそあるとう姿勢を感じ入りました。