読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

成田空港第1ターミナルでの発見「Kabuki Gate」

昨日に続いて成田空港のお話。

利用する航空会社のせいで成田では比較的第2ターミナルを利用することが多い私ですが、今回はANAを利用することになったので、数年ぶりの第1ターミナル。

 

普段は出発前に免税店をまわっているので、気づかなかったかもしれませんが、今回ラウンジを探していたら思いもかけない新しい発見をしました。

「Kabuki Gate」

f:id:bibimaru:20170108030913j:plain

 

その名も「Kabuki Gate」といい歌舞伎の衣装やそれに関連するものが並んでいました。

.また通路にはこのように江戸の文化を伝える工夫がなされています。

f:id:bibimaru:20170108031207j:plain

 

更に奥へいくと「折り紙ギャラリー」なるものまで・・・

f:id:bibimaru:20170108030817j:plain

 

日本人からみても凄い。

 

もちろん現代の忘れてはならない日本文化も・・・

f:id:bibimaru:20170108031054j:plain

 

まだまだ中身は薄いことはいなめないけれど、「ザ・日本」をアピールするなかなか面白い試みだと思いました。

 

おまけにもう一つの発見。

搭乗口で待っていたら、機材不具合のため別の飛行機にのるとのアナウンス。

そのために搭乗口が変更になりました。

これが、奥の奥の奥。とんでもない遠い場所にありましたが、着いて納得。

新しく増築された搭乗口だったのです。

その名も「ゲート58」。

f:id:bibimaru:20170108032525j:plain

そして驚きの発見をここでしました。

見よ、この素晴らしいラウンジチェア。

f:id:bibimaru:20170108032615j:plain

 もちろん従来の椅子も並んでいましたが、このくつろげるタイプのラウンジチェアが2タイプ並んでいました。

これがすこぶる掛け心地というか寝心地がよくついうつらうつら・・・

で、そろそろ搭乗というアナウンスでふと起き上がって発見したのがこのマーク。

f:id:bibimaru:20170108032958j:plain

この仕事をしている人なら誰もが知っているイタリアの有名家具メーカー「ポルトナル・フロウ社」の椅子だったのです。

どうりで寝心地がいいはずです。

 

やるな!成田第1ターミナル。

今回の旅は発見の多い旅になりそうです。