& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

香港「再興燒臘飯店」、神様が連れてきてくれた奇跡の味

またもや話は香港に戻って、今日は香港で食べた奇跡の味の話。

 

香港最後の夜、何を食べよう!

お洒落なレストランでも食べたし、ワイワイガヤガヤみんなで楽しいテーブルでの上海料理も楽しんだ!

ここは一つローカルフードを楽しもうということで、尖沙咀に繰り出すも欲張りな私は急にスターフェリーに乗りたくなってしまいました。

と、ここでかの有名な香港のスターフェリー。

「尖沙咀~中環」のフェリーに乗るのが観光客の王道ですが、何故かその日私は「尖沙咀~灣仔」のフェリーに飛び乗りました。

特に計画があったわけではなく、たまたま空いていて、丁度着岸したというだけの軽いノリでした。

f:id:bibimaru:20170120114415j:image

 

それが大正解!

灣仔で降りて、観光客向けではない街を歩いていたらある一軒の店の前だけ行列が・・・しかも正直きれいとはいえない街の食堂というべく焼味(シューメイ)専門店。

焼味といえば「又焼(チャーシュー)」が有名ですが、チキンやグースなどを焼いて出すお店のこと。

日本のラーメン屋さんのようにいたるところにあります。

でも、店先に下げられた焼いたトリたちをみると「う~~~~ん」とお店にはいるのをためらっていました。

 

が、この日は「ピ~~~ン!」ときました。

 

ここは絶対美味しいに違いない!

人がいっぱい並んでいて、あまりいい写真が撮れなかったけど、これが店先の写真。

いつもならちょっと躊躇する気持ちわかるでしょ?

f:id:bibimaru:20170120092106j:plain

 

10人くらい前に並んでいたけれど、回転が速いので12~13分で中に通されました。

中は本当に狭く、椅子が20脚くらい?

当然合い席。

f:id:bibimaru:20170120092411j:plain

持ち帰りの人もひっきりなし。テイクアウト用の袋が下がっています。

 

さて席についたけれど、さすがのわたしも早いおばちゃんの広東語は全くわからない。

まわりを見回して、みんなが食べている皿を指さして注文。

 

でてきたのがこちらです。

f:id:bibimaru:20170120092919j:plain

食べかけみたいに写っているけど、まだ箸をつける前だよ!

後で調べたら、3種類のローストをのせたご飯らしい。

見た目は「?」

しか~~~~し!

 

これが美味しいのなんの!

いつもはお肉だけではね!野菜もつけてよ!と思うのですが、これはもうそんなこと全く思わず、ただただパクパク!

シンプルに肉だけなのでちょっと臭いかな?とか脂っぽのかな?と思っていましたが、いい意味で期待外れ。

肉の旨みを残して、ジューシー。肉のローストってこんなに美味しかった?

その味に完全にノックアウトです。

席にタレのようなソースのようなものが用意してあって、好きな人はそれをかけて食べます。

 

他の席をみるとネギソースを別でたのめるようで、ちょっと試してみたかったけど、それは次回のお楽しみ。

 

あ~それにしても、長い間香港にいてこの美味しさを見逃していたかと思うと残念で他なりません。

イヤ、正しくいうと、全く食べたことないわけではなく、レストランで食べたことはたくさんありました。

でもこんなに感動する味ではなかった気がします。

 

この一皿でたしかHK$35だった気がします。(忘れた!)

 

あんまり美味しかったので、後で調べたら凄い有名店でした。

 

f:id:bibimaru:20170120094837j:plain

 更に調べたらあの「ミシュラン」で「ビブグルマン」が与えられたほどの名店でした。

人は見かけによらないとはこのことだ!

 

それにしても偶然この店にめぐりあえたこと、神様に感謝です。

神はまだわたしを見捨ててなかった。

神様にKiss Kiss♡

 

香港に行ったら絶対ここに行ってください。

その時は事前にメニューを調べて頼むものをメニューで指させるよにしておくことをお勧めします。

考える時間を全く与えてもらえないほど激込みだからです。

 

わたしが頼んだメニューはラッキーなことに一番人気の「叉燒、油雞、燒鴨」の三種類のローストが一緒に楽しめる「三寶飯」でした。

これはお勧めです。

ビールとかはないから、別の店でゆっくりしてね!

 

トリップアドバイザーなどに地図とか詳しく載っているので、参考にどうぞ!