& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

リッツカールトン香港〜132階からの眺めはいかや?

103階のロビーから132階へ上がってところまで書きましたが、今日はいよいよ部屋からの眺めについてお話ししましょう!

f:id:bibimaru:20170121145017j:image

妙に雅な各客室の入り口。

中に入ると…ちょっと狭いコリドーのようになっていて、奥がチラリとみえる憎い演出。

チラ見せ効果を狙うってヤツですね!

f:id:bibimaru:20170121145312j:image

ミニバーコーナーが右サイドに用意され、その先がデスクコーナーです。

f:id:bibimaru:20170121145501j:image

f:id:bibimaru:20170121145619j:image

その奥にソファ、カウチ、そしてベッドが並びます。

f:id:bibimaru:20170121145700j:image

そして肝心の眺めはというと…

f:id:bibimaru:20170121155857j:imagef:id:bibimaru:20170121160003j:image

グググ…

あまりに高すぎて、ガスって見えない…

これが高いってことか!

因みにこの日地上に降りてみた同じ夜景はこんな感じ。

f:id:bibimaru:20170121161146j:image

ものすごくクリアといえわけではないけど、これだけ見れれば上等という感じ。

やはり地上450メートルとなるとこうはいかないことを実感しました。

ちなみに翌朝の眺めはこちら…

f:id:bibimaru:20170121163044j:image

f:id:bibimaru:20170121163112j:image

香港サイドのビクトリアピークと目線が同じくらいなので、このホテルの高さを実感しましたが、やはりガスってる。

 

多分風が強くて空気が澄んだ日。年に何日あるかわかりませんが、東京から富士山が見えるくらいの日にあたるとラッキー!って感じかもしれません。

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるようにビルにも「適度な高さ」があると実感したというのが、正直な感想です。

 

そういえば、その昔54階のオフィスで働いていた時、台風の日船酔いのようになったり、虹が眼下に見えたりと非日常空間を味わいましたが、今回はもはや異空間。

旅行などの宿泊ならまだしも、ここに住むとなると身体的にも大変な気がしました。

 

次回は部屋のインテリアを紹介しましょう!