読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ローリングストーンズチョコ そのお味は?~その2

今日は「ローリングストーンズオフィシャルチョコ」味の紹介、後半。

絵柄が素敵な一口タイプのガナッシュ・プラリネバージョンです。

 

こちらが8個入りのパッケージ「フラッシュ・ポイント」2,901円(税込み)。

f:id:bibimaru:20170129091342j:plain

やっぱりこのリボン好き♡

f:id:bibimaru:20170129091446j:plain

フタを開けると、今年らしい「ブルータン」やパッケージ名の「フラッシュポイント」のデザインがお出迎え。

f:id:bibimaru:20170129091644j:plain

夏に訪れた「ローリングストーンズ展」のこのUKタンも・・・

f:id:bibimaru:20170129092139j:plain

 

さて肝心のそのお味は?

さすがに一気に全部は無理なので3つだけ中をカットして食べてみました。

まずはこちら・・・冷蔵庫から出してすぐだったので、上手くカットできなかったけど、中身はパッションフルーツ味。

チョコの苦みとパッションフルーツの甘酸っぱさが合わさって美味しい!

 

f:id:bibimaru:20170129092404j:plain

続いてこちらは「ラム味」。大人のハートに火をつけて!

もう少し溶けてた方が美味しかったかもと反省。

f:id:bibimaru:20170129092422j:plain

 

ボケボケの写真になりましたが、こちらはシンプルなシングルオリジン。

カカオの香りが美味しいでした。

f:id:bibimaru:20170129092347j:plain

 

他も調べてみたので参考にしてください。

f:id:bibimaru:20170129093926j:plain

さてチョコですが、一口食べて思ったのは「去年と味が違う・・・・」。

そこまでチョコに詳しくないので、「何が?」と具体的にはわかりませんが、中身が違うのはわかります。

確か去年の監修はイギリスのショコラティエ「ポール・ウェイン氏」。

味の違いが気になって調べると今年は同じイギリス出身ですが、新鋭の「ステファン・トリグ氏」とのこと。

やはりシコラティエが変わったのねという訳で納得しました。

去年のとろーりとした感じも好きだったので残念ですが、他の味も食べてみます。

印象としては今年の味の方が「音が硬い」感じです。

 

さて最後のパッケージは「スティッキー フィンガーズ」1,581円。

f:id:bibimaru:20170129094831j:plain

f:id:bibimaru:20170129094858j:plainこちらは先に紹介した「フラッシュ ポイント」からの選抜4種。

手軽に楽しめるパッケージです。