読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

ブルックリンスタイルのパーソナルトレーニングスタジオ~ついに完成!

以前このブログで紹介したパーソナルスタジオのリフォーム工事。

 

昨年11月から打ち合わせ、工事に入り、本日最後の最後、小物のセッティングが終わりました。

クライアントの承諾も得たので、改めて紹介します。

(一部写真が以前の記事と重複しま~す。)

 

まずはBeforeの写真。

f:id:bibimaru:20170202004536j:plain

f:id:bibimaru:20170202004246j:plain

f:id:bibimaru:20170202004220j:plain

クライアントの要望は、トレーニングスタジオとしてだけでなく、ボディケアを指導していくスタジオとしての展開も広げていきたいので、それに合ったスタジオに変えたいとのこと。

またスタジオオープン時に自分で揃えた備品が今一つコーディネートされていないので、トータルでコーディネートしてほしいという要望もいただきました。

 

そこで目指したのは、トレーニングを受けてもリラックスできる空間作り。

身体を解き放つと当時に心も解き放たれてほしいという想いです。

イメージは「ブルックリンスタイル」ですが、とんがり過ぎない空間を目指しました。

 

さて、具体的には部屋が細長いワンルームなので部屋をどう区切るかも悩ましいところですが、その前にオフィスにありがちなグレーのタイルカーペットと天井の蛍光灯がかなり問題です。

 

カーテンを変えたり、家具を変えて何となく使い勝手を変えることは可能ですが、部屋の雰囲気はあまり変わないという説明をしました。

まず絶対変えるべきはグレーのタイルカーペット。色を変えるだけでも雰囲気を変えることができるからです。

 

次に同じくらい大きな問題は照明。よくある横長の蛍光管2本ついた照明器具が並んでいました。白い灯りはトレーニングだけのスタジオならいいかもしれませんが、それでも都内の一流のジムに行くとやはりダウンライトなどオレンジ色の灯りを上手に取り入れています。

 

まずは照明器具を変えるべきと提案。

ただ照明器具を変えるとなると、天井のクロスも貼り変えなければいけなくなります。

新しい器具の位置に配線をもってこなくてはいけないのと、古い器具の痕がくっきりと天井に残るからです。

壁のクロスも綺麗にしたいところ・・・

そうなると当然費用もかさむので、悩ましいとこではありますが、やるなら誰しもが「変わった!」「前の面影がない!」と思うくらいにやらないと、逆にかけたお金が無駄になります。

出した見積もりが当初の予算を大きく超えてしまったので、クライアントも考えたと思いますが、最終決断。

床の貼り替えと壁と天井のクロス貼り替え、照明の交換を中心に、カーテン、パーティションの交換、家具の追加、小物のセッティングまで含めてトータルで変える決断をくだしてくださいました。

 

それでも絞りに絞った限られた予算のなので、あまりお金はかけられません。

工務店などに頼むと楽ですが、職人さんに直接依頼することでその部分のマージンを節約。

クロスは昔からの知り合いでクロス職人としては最高に腕がよく、且つカーペットまで張れる職人さんに頼みました。

ここで余談ですが、住宅でカーペットを張るうちが激減したこともあり、カーペットを張れる職人んさんが少なくなっているそうです。なので、今回のようにクロスもカーペットも両方張れる職人さんはとても貴重なのです。こういった施工絡みの仕事は職人さんの人工が一番費用がかかるからです。

合わせて電気屋さんも直接依頼しました。

こうすることで、中間のマージンがかからないうえに、腕の確かな職人さんに工事を任せられます。

 

ここで、途中経過の写真。

一番の大工事。クロスの貼り替えと、床の貼り替え、照明工事が終わったところです。

片側の壁に塗装レンガ風の壁紙をアクセントクロスとして貼っています。

本当は本物のレンガかタイルを貼れれば一番なのですが、賃貸ということと費用の面から断念しての苦肉の策です。

照明は奥のトレーニングとボディメンテナンスのエリアはチラッと写っているようにダクトレールをつけてLEDスポットをつけました。

ここはちょっとお金をかけて、リモコンで調光できる機能付きにしています。

必要な箇所だけオンオフもできるので、便利です。

f:id:bibimaru:20170202014543j:plain

前回はこの 家具が入ったところまで紹介しました。

f:id:bibimaru:20170202020648j:plain

 間仕切り代わりに置いたシェルフは「無印良品」のシェルフ。

このマス目のモジュール棚を縦横に伸ばせるうえにぴったり入る引き出しやパネルのオプションもありとっても優れもののこのシェルフ。

実は自分の事務所でも使っています。

このシェルフとカウンターテーブルと椅子。提案ということで、コーディネートして商品を選ぶところまではしましたが、購入はクライアントさんに直接ネットで買ってもらいました。

断然その方が安いからです。その代わり、知ってるメーカーのものだったり、商品だったり。責任をもって勧められる商品だけにしました。

f:id:bibimaru:20161216132315j:plain

カウンターにしたのは、ちょっと待ってもらったり、書類に書き込んでもらう時でもお客様がさっと立ったり座ったりできるように・・・あまり高く過ぎないカウンターチェアにしています。

またこのチェアはメタルなのでメンテナンスが楽。そしてスタッキングできる優れものです。

 

そして、こちらが今日小物をセッティングしてきたスタジオの写真。 

f:id:bibimaru:20170202021907j:plain

 奥のカーテンは以前ブログで私が色を間違えて発注したことを報告しましたが、年明けに予定通りの色で到着しました。

写真を明るくしてみるとわかると思いますが、2ブロックになっている下の部分。とても綺麗なネイビーです。

カーテンを2ブロックに分けたのは理由があって、外に置いてあるエアコンの室外機が部屋内に背中を向けて設置されているのでそれを隠すためです。

かといって上までこのカーテンだと、昼間暗くなるので上部は葉っぱの形のところだけ透けてみえるカーテンにしました。

暗すぎず外の視線を遮ってくれます。

f:id:bibimaru:20170202022546j:plain

 壁面、奥にはNYにあるHOLSTEE社(ホルスティー)のマニフェストが印刷されたポスターを選びました。2009年の起業時に、事業計画書の代わりにこのマニフェストポスターを作成しビジネスをスタートさせたそうです。

このポスターが世界中の人の支持を集めて、今では各国に広まっています。

「This is your life.」から始まる内容がとっても素敵で、オーナーであるクライアントを応援する意味も込めて選びました。

長くなりますが、日本語訳を紹介しますね。

 

「これはあなたの人生です。

自分の好きなことをやりなさい。そして、どんどんやりなさい。


何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人を探してるなら、それもやめなさい。

その人は、あなたが好きなことを始めたときにあらわれます。

考えすぎるのをやめなさい、人生はシンプルです。

すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。

新しいことや人々との出会いに、心を、腕を、

そしてハートを開きなさい。

私たちは、お互いの違いで結びついているのです。

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているのか聞きなさい、

そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

たくさん旅をしなさい。

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。

人生とは、あなたが出会う人々であり、

その人たちとあなたが作るもの。

だから、待っていないで作りはじめなさい。

人生は短い。
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。」

 

カッコいいポスターの次に紹介するのはその横の「ブルックリン」の文字。

そうです。このスタジオのリフォームのコンセプトは「ブルックリンスタイル」。

それに合わせて、な・な・なんとイケアで購入してきました。

これは所々アルミニウムを使っているので安っぽくみえないうえに、カーテンの裾と同じネイビーが使われているので、部屋にとてもマッチしていました。

(自画自賛ってやつです。)

おまけに時計もイケアです。

 

時計のヨコに「AMO」のブリキ文字を飾りました。

「AMO」そうこれがこのスタジオの名前です。

ここは「美脚整体」が凄くて、「before」「after」の写真でその効果を確認できますが、その撮影場所がこの壁。

そこにスタジオ名をかけました。立体なので壁面に陰影のアクセントがついていい感じです。ブリキという素材もこっそり気に入っています。

f:id:bibimaru:20170202024644j:plain

反対側の柱には特別のアートを選びました。

これは木材に直接ペイントで描いています。みてわかる通りアメリカのもので、これは特別に個人輸入しました。

なぜ?それはクライアントの青木さんがもともと野球をされていた方だからです。単身でアメリカにまで渡った青木さんにとって野球は原点のようなもの。

その原点を忘れないでという想いで選んだのですが、気に入ってもらってこちらの方が嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

f:id:bibimaru:20170202034916j:plain

最後に部屋全体の写真。

引いて撮ったら「AMO」の文字が隠れてしまいました。

しかも、シェルフの中の「クリスチャン・ロナウド」の身体。インパクトあり過ぎ。

負けた!

でも全体の雰囲気が凄く変わったこと。わかっていただけるでしょうか?

わかってくださ~~~い!

f:id:bibimaru:20170202022931j:plain

この手前のパーティションやデスクコーナーなども大きく変わりましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

そのあたりの苦労話はまた次回。

 

最後に今回の仕事の感想ですが、クライアントが私を信用してすっかり任せてくださったのでとてもやりやすく、やりがいがありました。その分責任を感じずにはいられませんでしたので、気合をいれて乗り切った全てが楽しい仕事でした。

気になる費用ですが、ネットで購入する方が安い家具はクライアントに直接購入してもらうなどしたので、破格の値段でできました。もう二度とこんな値段ではできないので、金額はだせませんが、通常の3分の2くらいの費用でした。

デザイナーとして個人的にとても気に入っています。あとはここを上手に活用していただいて、新たなビジネスのスタートにしていただけると嬉しいなあ!

それが「This is my life.」!

 

最後にこのスタジオ「AMO」のトレーナーであり、オーナーである青木さんのブログを紹介します。

青木さんのトレーニングはただのトレーニングと異なり、身体の仕組みから始まって日常生活での身体の使い方など本質的なところから教えてくれるのでトレーニングに行かない日でも身体を意識するように心が変わります。

しかもトレーニングとあわせて整体で身体のメンテナンスもしてもらえるので疲れ切った私でも何とかできました。

興味ある方はのぞいてみてください。

美脚整体スタジオamoリニューアルオープン企画がついに始まります! | 脂肪を5kg落として魅力的な体をつくるトレーナー青木正儀のブログ