& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

私が中国で驚いた10の事!

近いようでも国が違えば、習慣も違う。

先日の「Google ショック」ほどではないでしたが、細かい驚きを仕事から街の様子まで、とりとめもなくツラツラと書いてみました。

 

1)若い! 大きな会社ほど、30代と思われる若手が仕事の中心!

日本でもIT企業など最近の若い起業家がたくさんでてきましたが、中国で驚いたのは日本でいう1部上場会社の総責任者クラスが若かったこと!

「プロジェクト担当の責任者だとしても若いと思ったのに、トップだった!」

 

考えてみればマーク・ザッカーバーグも32歳だもんなあ!

f:id:bibimaru:20170212200440j:plain

 

2)仕事のスピードが速い!

これは言うまでもないか!

 

3)外部から北京に入る車は許可証がいる。

これはロンドンも似たようなシステムがあるけど、北京の場合限定エリアの範囲がかなり広い。

f:id:bibimaru:20170212194837j:plain

 

 

4)信号機にカウントダウンがついている。

上手く写真が撮れなかったけど、信号機に横についているのがカウントダウン掲示板。

信号によって30秒だったり、20秒だったりとまちまちだけど、これは助かる。

歩行者信号も同じ。これは日本にほしいなあ!

f:id:bibimaru:20170212194752j:plain

 

5)タテ型エアコン、一般的らしい。

窓の横のタワーがエアコン。

これは驚いた!もちろん個室には日本と同じエアコンが一般的。

室外機は外壁に吊るけどね。

f:id:bibimaru:20170212194902j:plain

 

6)浴槽は一般的にない。そして貯湯型電気温水ヒーター(であってる?)が壁についていることが多い。

思い出したらインドもこれだった!

お湯がなくなると悲惨だった!

f:id:bibimaru:20170212202218j:plain

 

7)レストランでスマホが汚れないようにビニールのスマホケースを配るのが流行っているらしい。

変なところが綺麗好きで面白い。

f:id:bibimaru:20170212194813j:plain

 

8)まだまだ喫煙天国。

しかも灰皿はあまりなく、床にポンポンが多い。

 

9)車線はあるけど、グイグイ割って入ってくるのでクラクション争い。

街中至る所でクラクション音がなっている。うるさい。

これもインドと同じ。(いや、インドの車はサイドミラーがないので、もっと凄かったかも・・・)もとい!インドよりはましだけど、それでもうるさい。

写真では音は伝わらないか・・・

f:id:bibimaru:20170212203312j:plain

10)中国のエアラインのCAは若くて美人が多い

といっても2社しか乗っていないけど、エアポートですれ違うCAも美人!

やっぱり若い国だ!