& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

私がアディダスで「スタン スミス」をオーダーした訳

今月初めにネットでオーダーしたアディダスの「スタンスミス」が到着しました。

 

ここのところスニーカーはアディダスの商品が多いわたし。

熱烈なアディダスファンというわけではないのですが、街でお洒落に履けるスニーカーとなると俄然アディダスが多くなってしまいます。

特に「スタンスミス」は完成されたデザインというか、無駄がないというか・・・

シンプルすぎるシンプルでどんなシチュエーションでもはけるので気に入っています。

 

今回は初カスタマイズに挑戦。

どんな風に仕上がってきたかワクワクです。

 

商品はFedExで中国の広州から送られてきました。

f:id:bibimaru:20170222132510j:plain

 

段ボールを開けると見慣れた3本ラインの箱が・・・

f:id:bibimaru:20170222132854j:plain

 

そして中に・・・

注文した全身黒のスタンスミスが横たわっていました。

f:id:bibimaru:20170222132926j:plain

 

 

じゃ~ん!

 

f:id:bibimaru:20170222133036j:plain

 

 

なんだ!ただの黒いスタンスミスじゃないかといわれそうですが、そうです。

わたしは黒のスタンスミスが欲しかったのです。

 

くるっと見てみても黒・黒・黒

f:id:bibimaru:20170222133216j:plain

 

f:id:bibimaru:20170222133235j:plain

 

もちろん黒のスタンスミスはありますが、レディースで全身黒ってあまりないのです。

しかも今回はちょっとだけこだわって「シュータン」と呼ばれる上の部分だけクロコ風の型押しレザーを選びました。

 

これなら嫌味なく街でも履けます。

 

ところで、タイトルにもありましたが、「なぜわたしがこのスニーカーをオーダーしたか?」

私がアディダスで「スタン スミス」をオーダーした訳

 

それはわたしの仕事と関係があります。

インテリアデザイナーの仕事は打ち合わせやプレゼンで大きな会社に行ったり、大事なクライアントにお会いしたりする一方、現場にも行きます。

日程は全く異なっていれば、それぞれに合った服装や靴で出かけますが、実際は同じ日に、現場とオフィスでの打ち合わせがあることが多いのです。

 

そうなると悩むのは服装。

 

失礼のない格好で、且つ現場で動きやすい服装。もちろんあまり高いヒールの靴ははけません。現場によってはスニーカーでないと危ない現場もあります。

 

そんな時この黒のスタンスミスなら両方に使えると思ったのです。

もちろんスカートのスーツでは服を選びますが、パンツスーツならコーディネート次第で使い分けられます。

 

今までも同じアディダスの黒を使っていましたが、ロゴやラインが目立ってしまい、オフィスとなると場所を選んでいました。

 

でもこれなら、グッと守備範囲が広がりそうです。

 

ところで、奥様~

気になるお値段は~

送料税込みで ¥15,120!

 

意外にリーズナブルだと思いませんか?