読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

わたしが無印良品の電卓から離れられない訳は・・・シンプルだけじゃないよ

毎日更新しようと思っていたのに、この時期それを阻む大きな壁が立ちふさがります。

その名も「確定申告」・・・

 

仕事が一番忙しい時期ということもあって、一時税理士さんに頼んでいたこともありましたが、丸投げしてしまうと、全く自分のお金のことを把握できなくなってしまうので、無謀にも3年間は自分でやってみることにしたので、さあ大変!

 

早め早めにとわかっていても、今年ももう14日になってしまいました。

 

ところで確定申告といえば、今やアプリに数字を入力して計算はPCにお任せという方がほとんどかと思います。

もちろん、わたしもです。

とはいえ、やっぱりちょこちょこっと電卓で計算する箇所もあるのでは?

 

というところで、やたら前置きが長くなりましたが、今日は電卓のお話。

 

みなさんはどんな電卓を使っていらっしゃいますか?

お洒落なデザインの電卓?本格的にいろいろ演算できるやつ?それともiphoneのアプリ?

 

わたしは10年近く「無印良品」の電卓を愛用しています。

 

前にも書きましたが、インテリアデザイナーの仕事は、デザインをあれこれ考えるだけではありません。同じくらい大事な作業の一つに「見積り作成」があります。

そのため、電卓はとても大事な道具の一つなのです。

 

そんなわたしが、いろいろな試行錯誤の末たどり着いたのが、この無印良品の電卓。

 

 ちょいと汚いのはご愛敬!

見てご覧のとおり、いかにも無印良品。

とてもシンプルで余計なデザインは一切ありません。

「Mr.シンプル」と呼びたいデザインです。

f:id:bibimaru:20170314074845j:plain

 

 サイズですが、フリクションペンと比べると大きさがわかると思いますが、結構大きいサイズです。

このサイズ感がまず〇!

とても打ちやすい。

そして、大きいけれど軽いので打ち合わせに持ってでることもしばしばです。

 

後ろのスタンド立てると、斜めになって更に打ちやすく、見やすい点も〇。

f:id:bibimaru:20170314080005j:plain

 

でも、わたしがこの電卓を手放せないもう一つの理由は、その機能にあります。

それが、「アンサーチェック機能」です。

 

「アンサーチェック機能」とは、一回計算をして答えを出した後、クリアにせずそのまま2回目の検算をすると、電卓が検算してくれる機能。

 

例えば「1+3+5」を押して「=」ボタンを押すと、当然「9」が表示されます。

f:id:bibimaru:20170314081007j:plain

 

このあと、クリアボタンを押さずに、再度「1+3+5=」と押すと・・・答えは「9」。そして、2回目の「9」の上に「OK」の文字が表示されます。

f:id:bibimaru:20170314081625j:plain

これが、答えは2回目も「9」ですよという印。

これで、検算ができました。

それから、もう一つ。

左上に表示された「03」。これは3つの数字を計算しましたよという表示。

これも計算もれがないかチェックする時、役立つ機能です。

 

見積りを出すにあたって、一番怖いのが計算間違い。

自宅でエクセルで見積りを作る時はいいのですが、外の打ち合わせ中にお客様の前で概算見積りをお伝えしなければいけない時もあります。

そんな時、本当にたよりになるヤツです。

 

この機能以外にも、基本の計算の他にGT機能や消費税計算などなど、簡単で必要な機能が満載です。

これらの機能についてはまた次回・・・