読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

南青山の端っこ~雑誌「SWITCH」のカフェが好き

南青山の外れ・・・もはや住所は西麻布・・・

ひっそりとそのカフェはあります。

 

カフェの名前は「Rainy Day Bookstore & Café」

Bookstoreの名前でわかる通り本に関係あるカフェです。

 

などともったいぶらないでさっさと紹介しますね。

ここのカフェは雑誌「SWITCH」を作っている出版社。その名も「スイッチ・パブリシング」がやっているカフェです。

「スイッチパブリシング」はこれ以外にも村上春樹さんの「職業としての小説家」や小泉今日子さんの「黄色いマンション 黒い猫」などのベストセラーを出版している凄い出版社です。

 

そんな凄い出版社ですが、とっても話しかけやすい風貌の体型をしています。

場所は高樹町交差点の富士フィルムの裏の通りにあります。

この辺りにお勤めか住んでいないとなかなか行かない通りです。

 

f:id:bibimaru:20170324201551j:plain

こちらが「スイッチ」の会社。レンガの壁がとても印象的なので、すぐわかります。

カフェはこの地下。

f:id:bibimaru:20170324200918j:plain

ランチもやっていてわたしはランチに利用します。

f:id:bibimaru:20170324200850j:plain

 

階段を降りるとストーブとアートがお出迎え。

f:id:bibimaru:20170324201958j:plain

 

店内には「Bookstore」の名に違わずずらりと今まで出版された「SWITCH」、同じく「コヨーテ」「モンキー」のバックナンバーが並んでいます。

f:id:bibimaru:20170324202054j:plain

f:id:bibimaru:20170324202420j:plain

 

奥にはピアノもあります。

f:id:bibimaru:20170324202445j:plain

 

教会でよく見かける椅子。

f:id:bibimaru:20170324202500j:plain

テーブルの上の花が素敵です。

f:id:bibimaru:20170324202816j:plain

 店内はゆる〜い空気感で「ほ〜っ〜」と思わず息をついて、心の深呼吸をしています。

 

この日わたしが食べたのはパンケーキとサラダのセット。

f:id:bibimaru:20170324202635j:plain

パンケーキはここのカフェの看板メニュー。スウィート系も美味しそうでしたが、この全粒粉の食事向きのパンケーキもふわふわしていてとっても美味しい!

奥に見えるベーコンもしっかり肉の味のする本格的なベーコンで満足感があります。

 

このランチにはこの日ブロッコリーのポタージュとついていました。

 

このセットで1,000円。プラス200円でドリンクを頼めます。

食事のメニューは限られていますが、どれも美味しく丁寧な味です。

あっ!パンケーキは何種類かあって、これもお勧めです。

 

わざわざ行くには遠いけど、南青山の高樹町あたりに来た時は是非のぞいてみてください。

イベントなどの関係で営業日や営業時間の変更があるので、行かれる時は下記のHPをみて確認してください。

 

Rainy Day Bookstore & Cafe

 

ところで2月20日発売の「SWITCH」は「ほぼ糸井重里」という糸井重里さんの特集号。「ほぼ日刊イトイ新聞」のサイトに今、この「スイッチパブリシング」が紹介されているので、興味ある方はみてみてね!

 

出版社スイッチ・パブリッシング公式ページ

 

ほぼ日編集部、SWITCHに行く。- ほぼ日刊イトイ新聞