& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

イケアの嬉しいサービス~簡単に小物を送れるようになったり、オンラインショップが利用できたり・・・

報告が遅れましたが、長年わたしを苦しめてきたイケアの小物配送システムがやっと変わりました。

 

モデルルームの小物買いの記事はこのブログでも書いていますが、何kが大変ってカート3台分、4台分購入したあと、自分で全部パッキングしなければいけなかったのです。

ワイングラスとか食器など、プチプチに一個一個包んで、重さを考えながら、箱詰めすること4~5箱分。手がガサガサになる過酷な作業は時に1時間越えの日もありました。

そのあたりのことはこちらの記事をみてください。

 

 

 

この写真はパッキングした4箱+アートをカートに積んでサービスカウンターで向かうところ。これが大変だった・・・

f:id:bibimaru:20170918234637j:plain



この「手ぶらdeボックス」サービスはなくなったわけではなく、今でもありますが、それに加えて画期的なサービスが実はスタートしています。

 

 

f:id:bibimaru:20170918230946j:plain

 

 

あれっ?これって家具とかだけじゃないの?

いいえ!

それがこのサービスを小物でも受けられるようになったのです。

 

サービスの利用は簡単。

会計の終わった山のようなカートをそのまま配送サービスのカウンターに持っていくだけ!

そして、レシートを見せると、スタッフかレシートと小物を照合をします。

 

オッと!!!ここが注意点!

とっても便利なサービスですが、商品とレシートの照合には結構時間がかかるので、覚悟が必要です。

特に本当に小さいものをたくさん買った時も、一点一点照合するので、大変です。

 

でも、これらを自分でパッキングする思いを考えると、全然楽!

 

金額はカートの数にかかわらず、一律3,000円。

(注意:各店舗のメインエリア内の金額)

 

「手ぶらdeボックス」はわたしの依頼する配達地域だとだいたい一箱990円なので、3個以上パッキングする時は、かかるコストも同じくらいです。

 

仕事で山のように買うことはないあなたでも、一人暮らしスタートとかでたくさん買う必要はある場合はこの配送サービスはお勧めです。

実際パッキングもとてもちゃんとしていて、割れ物もOKでした。

 

 

それから、イケアといえばもう一つ、画期的なことが始まっています。

これは仕事云々に関係なくみんなにとっても便利のひとこと!

 

待ってたよ、イケア君。やっとやってくれたね!オンラインショッピング。

 

この記事を書いた時点では、限定地区だけだったイケアの公式オンラインショップが

全国的にスタート。

 

f:id:bibimaru:20170918233040j:plain

 

HPで商品をクリックすると、「カートにいれる」が表示されるようになったので、クリックするだけ・・・

おなじみのオンラインショップと同じです。

 

例えば「照明スタンド」のこの商品のように数量をいれて、右下のブルーをクリックするだけ・・・

(初めの場合は事前にユーザー登録が必要です。)

f:id:bibimaru:20170918233402j:plain

 

行きたいけど近所にイケアが無い場合や、同じ商品を追加購入したい場合とかには、とっても便利だと思います。

 

イケアも攻めてきたね!