& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「銀座 蔦屋書店」のアート系書籍の天国だった!

「銀座 蔦屋書店」が思いもかけずアート系書籍の聖地のような品揃えでビックリした金曜日の夜。

特に日本文化としての「漫画」の見せ方に唸ってしまった話です。

 

オープンして9ヶ月経った「銀座シックス」。

仕事の途中にちょこっと立ち寄っては、そそくさと帰る・・を繰り返してしました。

だって、どうみてもターゲットは来日観光客!とわかりやすいコンセプトのショップばかりで、一般の日本人としては日常で訪れる気がしなかったんだもん・・・

 

そんなこんなで足が遠のいていましたが、仕事帰りの昨晩9時過ぎに入口の案内を何気なく見てたら、夜の早い銀座にあって23時30分まで開いているではないか!

 

「そういえば、蔦屋書店はのぞいていなかったな!」と気づき、ちょうどお腹もすいていたので、レストランを探しがてら、これ幸いと上がってみました。

 

エレベーターで上がった6階は、レストランや代官山や他の店舗と同じように「スターバックコーヒー」が入っているので、ものすごく広いわけではありません。

 

 でも視界が開けてたオープンな作りなので、広々とした印象です。

 

本屋さん大好きとしては、興味津々で1周。

そして、ビックリ(@_@)!

アート系の書籍の品揃えが半端ない!

 

都内の大きい書店や美術館の中に入って本のコーナーにはアート系の本が比較的たくさんありますが、ここ「銀座 蔦屋書店」の品揃えはそれを超えています。

f:id:bibimaru:20180113143620j:plain

 

特に「世界に通じる日本文化」という観点からの品揃えが凄い。

 

具体的にいうと、漫画ですが、「な~んだ!」ということなかれ!

ただ人気の漫画を並べている本屋とは、明らかに一線を画しています。

例えばこちらの棚は、見てのとおり「東京 過去」というコンセプトで集められたコーナーで、涙がでてくるくらい懐かしい漫画が並んでいます。

f:id:bibimaru:20180113153408j:plain

 

その隣に岡崎京子さんのコーナーが・・・

f:id:bibimaru:20180113153751j:plain

 

このあたりは往年の少女漫画ファンにはたまらない!

f:id:bibimaru:20180113154004j:plain

 

また海外でも人気が高いのでしょう!

大友克洋さんのコーナーは平積みに英語の解説付きでたくさん置いてありました。

f:id:bibimaru:20180113153923j:plain

 

完全に外国人観光客を意識した商品も・・・

歌舞伎役者仕様になったデビルマン。

f:id:bibimaru:20180113153217j:plain

 

墨絵のウルトラセブン等々・・・

f:id:bibimaru:20180113154334j:plain

 

漫画というジャンルが完全に日本文化の一部となっていることを改めて認識させられました。

 

もちろん漫画以外のアート本の方がたくさんあって、見どころ満載!

 下手すると2~3時間、ここから帰れなくなってしまいそう・・・

というわけで、この1冊を買って泣く泣く帰ったわたしでした。

 

f:id:bibimaru:20180113154633j:plain

結局買ってるじゃん!

 

【おまけ】

このフロアには日本刀を売る店も入っていたのには笑いました。

なるほどね・・・