& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「グランドハイアット東京」普通に見えて、お洒落な大人のホテルです。

 数年ぶりに六本木のグランドハイアット東京に宿泊しました。

面白いことに気づいたのですが、前回宿泊したときはまだブログを始めていなかったので、ホテルのインテリアについて詳細まで覚えていませんでした。

やはり意識してみるのとみないのとでは、違うもんですね!

 

その一番大きいものが、この立体像。

客室専用のエレベーターホールの入り口にありましたが、全く覚えていない!!!

今まで3回は宿泊したことあるっているのに・・・・

人間の記憶ってあいまいなものですね!

f:id:bibimaru:20180218233040j:plain

 

さてこれが今回の客室。

f:id:bibimaru:20180218234416j:plain

今回は宿泊のみで滞在時間が短いので、リーズブルなスーペリアタイプで十分!

と思いましたが、荷物を広げる場所はやっぱり欲しい・・・などど贅沢をいうワガママなわたし・・・いかん、いかん!

 

円錐型の洗面ボウルが印象的なバスルーム。

日本のバスルームみたいに、バスに洗い場があるので使いやすい!

f:id:bibimaru:20180218234658j:plain

そしてみてのとおり、部屋との引き戸を全開すると、バスルームから窓までワンルーム。

誰と行くかによるけど、窓のないバスルームでも、夜景をみながらお風呂に入れます。

もちろん一人だと、全開ね!

f:id:bibimaru:20180224154015j:plain

アメニティは中の上くらいかな?

この辺り、同じハイアット系列のホテルの順列通り。

ハイアットリージェンシー<グランドハイアット<アンダーズ<パークハイアット

ハイアットリージェンシーよりいいけど、アンダーズに比べると寂しい。

よく考えられている・・・

 

トイレは扉が壁のようになるよう工夫してあります。

取っ手が引き戸のようになっていて、ドア枠とかありません。

f:id:bibimaru:20180224154117j:plain

 

この扉を押すとトイレ

f:id:bibimaru:20180224154138j:plain

 

そして扉はトイレの正面の壁に綺麗に収まります。

このあたりの細かい収まりはさすがです。

f:id:bibimaru:20180224154234j:plain

 

これ以外にもシルバーのチェストなど、インテリア的に面白い意匠もあるのですが、すぐに出かけなければいけなかったので、写真を撮る時間がなかったのが残念!

 

この素晴らしい夕焼けの中、この後すぐに部屋を後にしました。

f:id:bibimaru:20180224154735j:plain

 

取り立てて「素敵!」と飛び上がるようなデザインはありませんが、一つ一つとてもよく考えられていて、いい意味で普通の居心地のいい部屋でした。

 

【おまけ】

わたしの部屋は富士山側だったのですが、エレベーターホールからは東京タワーが綺麗に見えました。