& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

そしてオリジナルビールが完成しました!

今回は頭から飛ばします。

1)まだまだ続く糖化の作業

温度を上げて、また続ける・・・・

その後、温度を65~67℃に保って、フタを閉めてやっと休憩。

ここでできた麦芽糖がアルコールに変わるとなると、頑張っちゃうよね!

 

少しおいて、ヨウ素でスト。昔、理科の実験でやった記憶がよみがえります。

 

更に温度を上げて、酵素さんに一旦お休みしてもらいます。

 

 

2)いよいよ綺麗な麦汁の登場

酵素の働きを止めたら、静かに循環させながら、麦汁をろ過させます。

ここで面白かったのが、麦芽自身の麦芽層で麦汁をろ過させること。

 

わたしたちのビール作りでもこんなに綺麗な麦汁が現れました。

ちなみにこれが「一番搾り」なんだって!

なるほど・・・

f:id:bibimaru:20180829222536j:plain

この麦汁を煮沸釜に移して、熱湯をかける作業に入ります。

f:id:bibimaru:20180829222630j:plain

 

これが残った麦芽。

ここに熱湯をジョウロでかけて更にろ過した麦汁が2番絞りだって!

更になるほど・・・

f:id:bibimaru:20180829225933j:plain

f:id:bibimaru:20180829222553j:plain

 

最後に残った麦芽は家畜のえさにするとのこと。

エコだね、エコ!

f:id:bibimaru:20180829222512j:plain

 

3)最後の最後にホップさん登場

さあ!終わりが見えてきました。

煮沸釜の麦汁を100℃に熱して、煮沸。

この煮沸中に事前に決めていたホップを投入。

f:id:bibimaru:20180829230046j:plain

更に、副材料を投入します。

 

そして、この麦汁をまたまた酵素が働きやすい温度に瞬間冷却。

ここはスタッフ方の仕事です。

f:id:bibimaru:20180829230507j:plain

 

4)やっとビールらしきものが・・・

ここまできて、みせてもらったのがこちらです。

f:id:bibimaru:20180829230715j:plain

見た目は何となくビールらしくなってきました。

味は・・・・まだ麦汁でしたが。

 

わたしたちのビール作りはここで終了!

 

この後、ビール酵母をいれて醗酵させ、熟成。そして、最後にボトルにつめて完成ですが、ここからの作業は木内酒造さんでやってくれます。

待つこと、約4週間!

 

そして届いたのが、最初にお見せしたこちらです。

f:id:bibimaru:20180825233516j:plain

f:id:bibimaru:20180829231304j:plain

 

 

もう少し色に違いがでるかと思ったけど、そうでもなかったのが意外だったけど、 思った以上に感動の味!

副材料をいれたホワイトエールは、コリアンダー?オレンジピール?って思いましたが、ブレンドされると、唯一無二のいける味。

アンバーエールは王道を貫いたビールらしいビールに仕上がっていました。

 

満足、満足!

想像以上に満足しました!

 

ビール好きな方!

是非一度、自分のオリジナルビール作りに挑戦してみてはいかがですか?

 

そういえば、木内酒造さんではデータを渡せば、オリジナルのラベルも作ってくれます。

 

「新郎新婦、初めて一緒に作ったビールです!」

これやりたかったなあ!