& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

史上最強ミニマムなホテル in Milano

久しぶりに紹介するホテルはミラノの中心地にあるゲストハウスのような小さなホテル「my bed」です。

 

ここはミラノでも本当に便利な場所にあり、立地としては最高のホテルです。

東京でいうと、青山と銀座に徒歩1分といったところでしょうか?

さすがにこんないい立地だと、4つ星や5つ星のようにデ~ンと入口から立派というわけにはいきません。

ショップの入ったビルの上のワンフロアのみがこのホテル。

ヨーロッパで多くみかけるスタイルです。

 

エレベーターでホテルフロアに着くと小さなデスクだけのフロントがあり、そこでチェックイン。

夜中はフロントに誰もいないので、チェックインは要注意です。

 

さて、このホテルのインテリアですが・・・

多く語る必要はありません。

たった一言。

史上最強のミニマムな部屋でした。

いろいろなホテルに泊まったけれど、ここまで必要最低限をお洒落に表現したホテルはなかったかも・・・

f:id:bibimaru:20180903222206j:plain

部屋はミラノの中心地にしては広く、ベッドが2つ。

3人まで泊まれます。

床はイタリア大理石。そして、ダークブラウンの家具に真っ白いシーツ。

 

f:id:bibimaru:20180903222228j:plain

 カーテンはグレー地に黒のボーダー。

わたしも良くやるデザインなので、何となく嬉しい!

 

f:id:bibimaru:20180903222251j:plain

この部屋の凄いところは、シンプルなんだけど、イタリアモダンの名のある家具や照明を使っているところ。

椅子はご存知ジオ・ポンティの「スーパーレジェーラ」、照明はアルテミデの「トロメオ」・・・

ダウンライトも何気にハロゲン球の径が小さいものを使っていて、憎い!

 

バスルームもご覧の通り!

f:id:bibimaru:20180903222342j:plain

 

でも正直このガラスのシャワーブースには扉やカーテンがないので、水が外まであふれて大変だったのよ。

バスマットがビショビショでマットの役割を全く果たさないという・・・

f:id:bibimaru:20180903222357j:plain

 

この生活感が全くないインテリアは非日常感を味わうにはいいかもしれません。

 

でも、さすがにここまでミニマムだとわたしはチト落ち着かなかったというのが、正直な感想。 

2泊で十分って感じでした。

 

ただし、眺めは抜群!

待ちの真ん中というのにバルコニーからこんな朝日が見えました。

f:id:bibimaru:20180903222413j:plain

朝焼けのミラノ

f:id:bibimaru:20180903222432j:plain

やっぱり好きだなぁ!ミラノ・・・

 

http://www.mybedmilano.com/mybed/