& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

「ル・コルビジェ展」からカフェまで・・・上野公園は私の旬の場所

先日、やっと時間を作って国立西洋美術館の「ル・コルビジェ展」へ・・・

 

言わずと知れたル・コルビジェが設計した「国立西洋美術館」開館60周年を記念して開催された今回の「ル・コルビジェ展。

f:id:bibimaru:20190519215540j:plain

f:id:bibimaru:20190519220334j:plain

 

コルビジェといえば世界有数の建築家。

入り口には彼が設計した住宅や都市開発の模型や図面が展示されています。

f:id:bibimaru:20190519215559j:plain

このあたりは、いくつかの模型や写真、図面が並んでるんだろうなあという安易な予想通り!

 

しかし、このあと2階へ進んでいってびっくり!

ル・コルビジェが描いた絵画がずらり・・・

建築家として活動する前は絵画制作やピュリズムの活動に身を置いていたという事実。

 

「ル・コルビジェ」の作品は知ってたつもりの自分が本当に恥ずかしい!

上っ面のことだけ、本当にぺらぺらの表面だけしか知らなかったんだ!

 

2階は撮影禁止だったので、残念ながら写真を撮れなかったので、作品を紹介できませんが、数々の絵画製作が彼の建築家としての作品の基盤にあったことが、わかりやすく展示されていて見ごたえのある展覧会でした。

 

「casa ブルータス」の記事がとってもわかりやすかったので、気になる人はこちらをみてください。

 

https://casabrutus.com/art/98217/2

 

こちらは国立西洋美術館の中庭。

新緑がとっても綺麗でした。

f:id:bibimaru:20190519221812j:plain

 

 

閉館まで粘ったあとは、上野公園にある「パークサイドカフェ」で17時半のランチタイム。

平日はのんびりできて、お勧めです。

 

f:id:bibimaru:20190519221910j:plain

https://www.create-restaurants.co.jp/shop/index.php?controller=FrontCrShop&action=shop_show&id=648

 

 

最後に紹介するのはこの上野を味わいつくすのにぴったりなサービス。

上野界隈の13の施設に入場できる「上野 ウエルカムパスポート」です。

 

f:id:bibimaru:20190519214008j:plain

今、発売されているパスポートは2019年4月1日~9月30日まで有効で。

残念ながら何回でも入場できるパスポートではありませんが、記載された施設の常設展には全て入場できます。

金額は常設展だけでしたら、2000円。

常設展に特別展1回分がついて3000円。

今回私は3000円のパスポートを購入。

特別展が一回しか行けないので、一見高いような気がしましたが、今回の「ル・コルビジェ展」の入場料が1600円。

残り1400円で上野動物園や東京国立博物館、国立博物館、旧岩崎邸庭園などがいけるので、ワクワク!

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000028409.html