& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

上に上げて開けるだけでなく、下に下げて開けるシェードもあるよ!

な、な、なんと!!!

 

昨日の記事を読んでくれた友人から、早速嬉しい相談がありました。

 

友だちはマンションの5階に住んでいて、視界は開けているので特に視線を遮る必要がない。

でも、窓からの日差しがまぶしいので日が差し込む時間は調光したい・・・

 

と、長年悩んでいたので、わたしが紹介した調光スクリーンいいかもと思ったらしいのです。

 

ありがたや~~~

 

しかし、話をよく聞くと、

「うちは隣からの視線は気にならないんだけど、下のビューがイマイチなの!」

とのたまうではではないか!

 

「道路越しの景色が古い取り壊しを待っているビルで、窓の下3分の1の景色はできれは見えない方がいいなあ~  でも空は遮りたくない!」

 

ということで「こんなのもあるよ!」とこんなスタイルを紹介しました。

 

それが昨日紹介した「ハンターダグラス社」の「デュエット」。

これはハニカム構造が特徴の商品で遮熱効果に優れたシェードの一種です。

f:id:bibimaru:20200217224310j:plain



このシェードの優れている点は、通常のシェードやブラインドのように下から上へあげられるだけでなく、上から下への開閉も選べるところです。

 

 こちらはそ「デュエット」の写真

f:id:bibimaru:20200217182316j:image

 上からも下からも開けられるタイプ

開口部は素通しです。

f:id:bibimaru:20200217223758j:plain

 

 

同じ「デュエット」でも、上はレース、下は視線を遮る素材と組み合わせたタイプもあります。

この場合はメカを上にまたは下に下せば、完全に開口状態で外が見えます。

f:id:bibimaru:20200217182323j:image

 

 ちなみにこちらはわたしが取り付けた時の写真。

この窓は本当は床までのガラス窓。

それはそれで素敵なんだけど、眼下に見える

隣のビルの看板がどうしても嫌だという依頼でこちらのシェードをいれました。

 

f:id:bibimaru:20200217230519j:plain

 

最近のウィンドウトリートメントはいろいろ種類が増えています。

どんな部屋でどんなビューが見えるのか?

方角は?

日差しは?

 

それそれの条件下でどんな希望があるか?

選択肢は増えてます。

 

jp.hunterdouglas.asia