& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

Airbnbキャンセルの対応の早さに驚いた~新型コロナウイルス騒ぎ

「ミラノサローネ」延期のその後・・・

 

先日のブログに書いたように、今回の延期にともない予約した宿泊先と航空券のキャンセルについて書いておきます。

 

まずは宿泊先。

ホテルを予約していた友だちがほとんどの中、今年も私はAirbnbで予約していました。結果、これは大正解でした。

 

いい加減な性格ですが、こと旅行に関しては過去の経験から何があるかわからないのが旅行。でも被害を少なくするために、予約の時はキャンセルポリシーをきちんと読んで予約するようにしています。

 

Airbnbのキャンセルポリシーは貸主にもよるので注意が必要です。

 

わたしは、数か月前に予約する時は、できれば宿泊の1か月~2週間前までならキャンセルできる貸主がいいと思っています。

 

今回もそのようなAirbnbを予約していたので、キャンセルOKでした。

 

ちなみに今回のAirbnbは予約時に半金支払い、残りを3週間前までに支払う規定でしたので、既に半金は支払っていました。

キャンセルによって、その半金はそのまま戻ってきます。

 

そこまでわかっていましたが、さすがにキャンセルするのは初めて。

本当に全額戻ってくるのかな?

 

でも、今回キャンセルボタンをポチッた後、30分もたたないうちに、「クレジットカードへ返金します。」とメールを受け取って驚きました。

もちろん手数料も無しでキャンセルできました。

本当に迅速なシステムで、利用者が増える訳がわかります。

 

補足ですが、加えてわたしの場合、貸主さんの対応がとても早く、サローネ延期の速報が流れた3時間後にメールをくれて、「4月の予約を6月に延ばしましょ

手数料もとられないので、とてもいシステムだと思います。

 

今回キャンセルボタンをポチッた後、30分もたたないうちに、「クレジットカードへ返金します。」とメールが来ました。

本当に迅速なシステムで、利用者が増える訳がわかります。

 

補足ですが、加えてわたしの場合、貸主さんの対応がとても早く、サローネ延期の速報が流れた3時間後にメールをくれて、「4月の予約を6月に延ばしましょうか?」

これにもビックリ!

またお願いすること確定です。

 

調べたところ、今回のコロナウイルスに対しての対応もすぐにサイトに上がっており、特別対応する国もあるとのこと。(現時点では中国・韓国)

 


 

 

一方、ホテルは予約サイトそれぞれのキャンセルポリシーによります。

現地支払い条件は高い分、キャンセルできますが、それ以外は全額返金はむずかしいところがほとんどのようでした。

 

写真は去年利用したAirbnb。

ミラノのど真ん中と思えないいい立地で大満足でした。

f:id:bibimaru:20200301213612j:plain

 

 

次は航空券。

これは航空会社によってまちまちで、わたしの予約したSASは通常通りのキャンセル扱いになるらしい。

 

航空券は同じ便でもいろいろな種類があって、変更やキャンセルができるチケットは一番高い。当然ですよね?

逆に安いチケットは変更やキャンセルができない。これも当然ですよね。

 

わたしは当然安いチケットを購入していたので、キャンセルしても全額戻ってもない。

これはしょうがないと思うけど、痛い(>_<)

 

他の航空会社はどうかと思って調べてみたら、まだ中国、韓国への飛行の対応はいろいろでてきますが、イタリア発着ではデルタ航空しがみつかりませんでした。

 

plaza.rakuten.co.jp

 

 

この先どうなるか全く先が見えない新型コロナウイルスの行方・・・

 

早く処置方法をみつけて、おさまってほしいものです。