& BONO  インテリアデザイン、あれやこれや

インテリアデザインのこと、インテリアコーディネーターの仕事のこと、日常でのデザインの話、大好きなホテルの話などを綴ります

内覧会のチェックで見落としがちな場所は・・・

住宅を購入した時、引渡し前に部屋のチャックをする内覧会。

 

わたしがお客様と一緒に部屋をチャックすることはめったにありませんが、いろいろな事情でたま~にご一緒します。

 

今日はそんな時、お客様が見落としがちなので、「ここもみてくださいね!」と言ってアドバイスしている場所があります。

 

それが、窓のサッシとガラス、そして玄関ドアです。

 

これは以前撮ったサッシ傷の写真。

 

サッシは写真のような線傷が実はとても多い場所です。

特に外は見落としがち。

 

f:id:bibimaru:20200316202700j:plain

ガラスもたまに傷がついている場合があります。

 

暗くて見つけにく場所もあるので、写真のようなミニライトを持っていくと探しやすいです。

f:id:bibimaru:20200316210308j:plain

 

実は玄関ドアも線傷がついていることが多い場所なので、チェックを忘れずに・・・

 

内覧会ということで壁紙やフローリングの傷のチェックは念入りに方は多いのですが、このあたりは補修が簡単にできる場合が多いので、あまり気にしなくても綺麗になおしてくれます。

 

でもサッシ・ガラス・玄関ドアは補修で済む場合もありますが、場合によっては交換しなければいけないこともあり、且つ時間がかかるので要注意!

 

内覧会は初めてという方はネットで「内覧会 チェックリスト」と検索するとリストを公開している会社が何件がでてくるので、それを参考にしてもOK!

 

年度内引き渡し物件の内覧会は既に終わっているので、あまり役にたたないかもしてませんが、実は来月内覧会という方の参考になるといいな!

 

 

珍しく仕事の話を書いたら、綺麗な写真のUPができなかったので、おまけの写真を載っけちゃおう!

 

先日のインサイド花見の様子。

題して「花見て一杯!」

f:id:bibimaru:20200316211555j:plain